3.8. 起動方法の選択

Red Hat Enterprise Linux を起動する方法はいくつかあります。
DVD からインストールする場合は、 Red Hat Enterprise Linux 製品を購入していること、 また Red Hat Enterprise Linux 6.9 の DVD が手元にあり、DVD からの起動に対応する DVD ドライブがシステムに搭載されていなければなりません。インストール用の DVD を作成する方法については 2章メディアの作成 を 参照してください。
DVD/CD-ROM ドライブから起動できるよう BIOS の変更が必要になる場合があります。BIOS の変更については 「x86、 AMD64、および Intel 64 システムでのインストールプログラムの起動」 を参照してください。
インストール用 DVD 以外にも、起動可能な CD や USB フラッシュドライブなどに格納した 最小限の起動用メディア を使っても Red Hat Enterprise Linux のインストールプログラムを起動することができます。最小限の起動用メディアからシステムを起動したら、ローカルのハードドライブやネットワーク上の別のインストールソースを使ってインストールを完了させます。起動用の CD や USB フラッシュドライブの作成方法については 「最小限の起動用メディアの作成」を参照してください。
また、PXE (preboot execution environment) サーバーからネットワーク経由でインストーラーを起動することもできます。30章インストールサーバーの設定 を参照してください。ここでも同様に、システムを起動したらローカルハードドライブやネットワーク上などにある別のインストールソースからインストールを完了させます。