Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.5.2. ファイル名とブロックリスト

メニュー一覧など任意のファイルを参照するコマンドを GRUB に入力する場合、デバイスとパーティション番号のすぐ後に絶対ファイルパスを指定する必要があります。
コマンドの構造を以下に示します。
(<device-type><device-number>,<partition-number>)</path/to/file>
この例の場合、<device-type>hdfdnd のいずれかになります。<device-number> はデバイスの整数です。</path/to/file> はデバイスのトップレベルに対する絶対パスになります。
パーティションの先頭ブロックに表示されるチェーンローダーなどの実際はファイルシステムに表示されないファイルを GRUB に指定することもできます。これらのファイルをロードするには、パーティション内のファイルが配置されている場所をブロック単位で指定する ブロックリスト を与えます。1 つのファイルが複数のブロックの塊で構成されていることがよくあるため、ブロックリストには特殊な構文が使用されます。ファイルを格納している各ブロックの塊をブロックのオフセット番号とそのオフセットポイントからのブロック数で指定します。ブロックオフセットはコンマで区切って順番に記載します。
ブロックリストの例を示します。
0+50,100+25,200+1
上記の例では、パーティションの 1 番目のブロックから開始されるブロック 0 から 49 までとブロック 100 から 124、ブロック 200 を使用しているファイルを指定しています。
チェーンロードを使用するオペレーティングシステムを GRUB でロードする場合、ブロックリストの作成方法を知っていると便利です。ブロック 0 から開始する場合はブロックのオフセット番号を省略することができます。例として、1 番目のハードドライブの 1 番目のパーティションにあるチェーンロードファイルの場合は以下のようになります。
(hd0,0)+1
以下は、root で正しいデバイスとパーティションを設定した後の GRUB コマンドラインで同様のブロックリストを指定している chainloader コマンドを示します。
chainloader +1