Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.5.2. ファイル名とブロックリスト

メニューリストなどのファイルを参照する GRUB にコマンドを入力すると、デバイスやパーティション番号の直後に絶対パスを指定する必要があります。
以下は、このようなコマンドの構造を示しています。
(&lt;device-type><device-number& gt; , <partition-number>)</path/to/file>
この例では、&lt ;device-type&gt; を hdfdnd に置き換えます。&lt ;device-number&gt; をデバイスの整数に置き換えます。& lt;/path/to/file&gt; を、デバイスのトップレベルに対する絶対パスに置き換えます。
パーティションの最初の数ブロックに表示されるチェーンローダーなど、ファイルシステム内に実際に表示されない GRUB にファイルを指定することもできます。このようなファイルを読み込むには、ファイルがパーティションに配置されているブロックでブロックを指定する blocklist を指定します。多くの場合、ファイルはいくつかの異なるブロックセットで構成されるため、拒否リストでは特別な構文を使用します。ファイルを含む各ブロックは、オフセット数とそれに続くオフセットポイントからのブロック数で指定されます。ブロックオフセットは、コンマ区切りリストで順番にリストされます。
拒否リストの例を以下に示します。
0+50,100+25,200+1
このサンプル blocklist は、パーティションの最初のブロックで始まり、ブロック 0 から 49、100 から 124、および 200 を使用するファイルを指定します。
拒否リストの記述方法を知ることは、GRUB を使用してチェーンの読み込みが必要なオペレーティングシステムを読み込む場合に便利です。ブロック 0 の場合は、オフセット数のブロックをオフにすることができます。たとえば、最初のハードドライブの最初のパーティションにあるチェーンの読み込みファイルの名前は、以下のようになります。
(hd0,0)+1
以下は、正しいデバイスとパーティションを root として設定した後に GRUB コマンドラインで似たブロックリストの指定を持つ chainloader コマンドを示しています。
chainloader +1