Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.8. タイムゾーンの設定

お使いのコンピューターの物理的な場所に最も近い都市を選択して、タイムゾーンを設定します。マップをクリックして、世界の特定地理的リージョンにズームします。
システムクロックの精度を維持するために NTP (Network Time Protocol) を使用する予定であっても、タイムゾーンを指定してください。
タイムゾーンを選択する方法は 2 つあります。
  • マウスを使用して対話式マップをクリックし、特定の都市(黄色のドットで表示)を選択します。赤い X が表示され、選択を示すものが表示されます。
  • 画面下部にある一覧をスクロールして、タイムゾーンを選択することもできます。マウスを使用してロケーションをクリックし、選択を強調表示します。
Red Hat Enterprise Linux がコンピューターの唯一のオペレーティングシステムである場合は、システム クロックは UTC を使用 します。システムクロックは、コンピューターシステム上のハードウェアの一部です。Red Hat Enterprise Linux は timezone 設定を使用して、システムクロックのローカル時間と UTC の間のオフセットを決定します。この動作は、UNIX、Linux、および同様のオペレーティングシステムを使用するシステムの場合に標準です。
Next をクリックして先に進みます。
警告
マシンでも Microsoft Windows を実行すると、システムクロックは UTC オプションを使用 しないでください。Microsoft オペレーティングシステムでは、BIOS クロックが UTC ではなくローカルタイムに一致するように変更されます。これにより、Red Hat Enterprise Linux で予期しない動作が発生する可能性があります。
注記
インストールの完了後にタイムゾーン設定を変更するには、Time and Date Properties Tool を使用します。
シェルプロンプトで system-config-date コマンドを入力して、Time and Date Properties Tool を起動します。root でない場合は、続行するように root パスワードの入力が求められます。