Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.17.5. 推奨されるパーティション設定スキーム

特に理由がない限り、以下のパーティションを作成することが推奨されます。
  • スワップ パーティション(少なくとも 256 MB)- swap パーティションは仮想メモリーをサポートします。データは、システムが処理しているデータを格納するのに十分な RAM がない場合に swap パーティションに書き込まれます。
    過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM サイズに比例して増加していました。ただし、最近のシステムには、数百ギガバイトの RAM が含まれていることがよくあります。結果として、推奨されるスワップ領域は、システムのメモリーではなく、システムメモリーのワークロードの機能とみなされます。
    以下の表では、システムの RAM の容量別に推奨されるスワップパーティションのサイズと、システムをハイバネートするのに十分なメモリーが必要かどうかを示しています。推奨されるスワップパーティションのサイズは、インストール時に自動的に確定されます。ただし、ハイバネートを可能にするには、カスタムパーティション設定段階でスワップ領域を編集する必要があります。
    重要
    以下の表の推奨事項は、メモリーが少ないシステム(1 GB 以下)で特に重要です。このようなシステムで十分なスワップ領域を割り当てられないと、不安定になる問題が生じたり、インストールしたシステムが起動できなくなる可能性があります。

    表16.2 システムの推奨 swap 領域

    システム内の RAM の容量 推奨されるスワップ領域 ハイバネートを許可する場合に推奨される swap 領域
    ⩽ 2GB RAM 容量の 2 倍 RAM 容量の 3 倍
    > 2GB – 8GB RAM 容量と同じ RAM 容量の 2 倍
    > 8GB – 64GB 最低 4GB RAM 容量の 1.5 倍
    > 64GB 最低 4GB ハイバネートは推奨されない
    上記の各範囲の境界線上(システムの RAM が 2GB、8GB、または 64GB などの場合)、選択したスワップ領域とハイバネートへのサポートに関して決定を行なってください。システムリソースに余裕がある場合は、スワップ領域を増やすとパフォーマンスが向上することがあります。
    特に高速ドライブ、コントローラー、インターフェイスを備えたシステムでは、複数のストレージデバイスにスワップ領域を分散させると、swap 領域のパフォーマンスが向上することに注意してください。
    注記
    Red Hat Enterprise Linux 6.0、6.1、および 6.2 向けのスワップ領域サイズの推奨事項は、2012 年 6 月に Red Hat Enterprise Linux 6.3 のリリースで最初に発行され、ハイバネート領域を考慮しなかった現在の推奨事項とは異なります。このような以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux 6 の自動インストールは、この代替の推奨事項に合わせて引き続きスワップ領域を生成します。ただし、Red Hat Enterprise Linux 6.3 向けに発行された新しい推奨事項に合わせて、スワップ領域のサイズを手動で選択することが推奨されます。
  • ハードドライブの最初のパーティションにある PReP 起動パーティション - PReP 起動パーティションには が含まれます(他の Power Systems サーバーが Red Hat Enterprise Linux を起動できるようにします)。 ネットワークソースから起動する予定がない限り、Red Hat Enterprise Linux を起動するには PReP 起動パーティションが必要です。
    IBM System p ユーザーの場合: PReP ブートパーティションは 10 MB を超えるのではなく、4-8 MB の間である必要があります。
  • /boot/ パーティション(250 MB)- /boot/ にマウントされたパーティションには、オペレーティングシステムのカーネル(システムの Red Hat Enterprise Linux の起動を可能にする)と、ブートストラッププロセス中に使用されるファイルが含まれます。ほとんどの PC ファームウェアの制限により、これらを保持する小さなパーティションを作成すると良いでしょう。ほとんどのユーザーの場合は、250 MB のブートパーティションで十分です。
    警告
    RAID カードをお持ちの場合は、Red Hat Enterprise Linux 6.9 は IPR カードでのハードウェア RAID の設定をサポートしていないことに注意してください。インストールの前にスタンドアロン診断 CD を起動して RAID アレイを作成してから、その RAID アレイにインストールを実行します。
    重要
    Red Hat Enterprise Linux 6.9 の / boot および /(ルート)パーティションは、ext2、ext3、および ext4 (推奨)ファイルシステムのみを使用できます。Btrfs、XFS、VFAT などの他のファイルシステムは使用できません。/home などの他のパーティションは、Btrfs および XFS (利用可能な場合)を含むサポート対象のファイルシステムを使用できます。詳細は、Red Hat カスタマーポータルの を参照 https://access.redhat.com/solutions/667273 してください。
  • ルート パーティション(3.0 GB - 5.0 GB)-/" (root ディレクトリー)が配置される場所です。この設定では、すべてのファイル( /bootに保存されているファイルを除く)は root パーティション上にあります。
    3.0 GB のパーティションを使用すると最小インストールを実行できますが、5.0 GB のルートパーティションでは、すべてのパッケージグループを選択してフルインストールを実行できます。
    重要
    Red Hat Enterprise Linux 6.9 の / boot および /(ルート)パーティションは、ext2、ext3、および ext4 (推奨)ファイルシステムのみを使用できます。Btrfs、XFS、VFAT などの他のファイルシステムは使用できません。/home などの他のパーティションは、Btrfs および XFS (利用可能な場合)を含むサポート対象のファイルシステムを使用できます。詳細は、Red Hat カスタマーポータルの を参照 https://access.redhat.com/solutions/667273 してください。
    重要
    / (またはルート)パーティションはディレクトリー構造の最上位です。/root ディレクトリー(slash-root が通知されることもあります)は、システム管理用のユーザーアカウントのホームディレクトリーです。
警告
PackageKit 更新ソフトウェアでは、デフォルトで更新パッケージを /var/cache/yum/ にダウンロードします。システムを手動でパーティションし、別の /var/ パーティションを作成する場合は、パッケージの更新をダウンロードするのに十分な大きさのパーティション(3.0 GB 以上)を作成してください。