Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.4.5. ログイン時の問題

firstboot 画面でユーザーアカウントを作成していなかった場合、Ctrl+Alt+F2 を押してコンソールに切り替え、root としてログインし、root に割り当てられたパスワードを使用します。
root のパスワードを忘れた場合は、システムを linux single として起動します。
x86 ベースのシステムを使用していて GRUB がインストールされているブートローダーである場合、GRUB の起動画面がロードされた時点で、編集のために e と入力します。選択しているブートラベルの設定ファイルの項目リストが表示されます。
kernel で始まる行を選択し、このブートエントリーを編集するために e と入力します。
kernel 行の最後に以下を入力します。
single
Enter を押して、編集モードを終了します。
ブートローダーの画面に戻ったら、b と入力してシステムを起動します。
シングルユーザーモードで起動して、# プロンプトにアクセスできるようになったら、passwd root を入力してください。これにより、ユーザーが root 用の新しいパスワードを入力できるようになります。その後に shutdown -r now と入力すると、新しい root パスワードでシステムを再起動できるようになります。
ユーザーアカウントのパスワードを忘れた場合は、root として操作する必要があります。root になるには、su - と入力した後にプロンプトの要求に応じて root パスワードを入力します。次に passwd <ユーザー名> を入力してください。これで指定されたユーザーアカウントの新しいパスワードを入力し直すことがきます。
グラフィカルログイン画面が表示されない場合は、ハードウェアに互換性の問題があるかどうかについてチェックしてください。『ハードウェア互換性リスト(Hardware Compatibility List)』 は以下にあります。
https://hardware.redhat.com/