Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.4. キックスタートを使用したインストールの自動化

キックスタートを使用して無人インストールを実行できます。A キックスタート ファイルは、インストールの設定を指定します。インストールシステムが起動すると、キックスタートファイルを読み取り、ユーザーから追加で入力せずにインストールプロセスを実行できます。
注記
Red Hat Enterprise Linux のインストールプロセスは、インストール済みシステムの設定を含むキックスタートファイルを自動的に書き込みます。このファイルは、常に /root/anaconda-ks.cfg として保存されます。このファイルを使用して同じ設定でインストールを繰り返すか、コピーを変更して他のシステムの設定を指定できます。
重要
デスクトップおよび X Window System がインストールに含まれ、グラフィカルログインが有効になっていない限り、firstboot はキックスタートファイルからシステムをインストールした後に実行されません。追加システムをインストールする前に、キックスタートファイルで ユーザー オプションを持つユーザーを指定します(詳細は 「キックスタートオプション」 を参照)。または、root で仮想コンソールでインストール済みシステムにログインし、adduser コマンドでユーザーを追加します。
Red Hat Enterprise Linux には、必要なオプションを選択してキックスタートファイルを作成および変更するグラフィカルアプリケーションが含まれています。system-config-kickstart パッケージを使用して、このユーティリティーをインストールします。Red Hat Enterprise Linux キックスタートエディターを読み込むには、ApplicationsSystem ToolsKickstart を選択します。
キックスタートファイルでは、1 行に 1 つのオプションを指定して、プレーンテキストでインストール設定を一覧表示します。この形式では、テキストエディターを使用してキックスタートファイルを変更し、システム用のカスタムキックスタートファイルを生成するスクリプトまたはアプリケーションを作成できます。
キックスタートファイルを使用してインストールプロセスを自動化するには、ks オプションを使用してファイルの名前と場所を指定します。
linux ks=location/kickstart-file.cfg
リムーバブルストレージ、ハードドライブ、またはネットワークサーバーのいずれかに保持されるキックスタートファイルを使用できます。サポート対象のキックスタートソースについては、表28.2「キックスタートのソース」 を参照してください。

表28.2 キックスタートのソース

キックスタートソース オプションの形式
DVD ドライブ ks=cdrom:/directory/ks.cfg
ハードドライブ ks=hd:/device/directory/ks.cfg
他のデバイス ks=file:/device/directory/ks.cfg
HTTP サーバー ks=http://server.mydomain.com/directory/ks.cfg
HTTPS サーバー ks=https://server.mydomain.com/directory/ks.cfg
FTP サーバー ks=ftp://server.mydomain.com/directory/ks.cfg
NFS サーバー ks=nfs:server.mydomain.com:/directory/ks.cfg
重要
/dev/sdb などのデバイス名を使用して、ハードドライブまたはキックスタートファイルを含む USB ドライブを特定できます。ただし、デバイス識別子が複数のシステムで同じままになる保証はありません。したがって、キックスタートインストールでハードドライブまたは USB ドライブを指定するのに推奨される方法は UUID を使用することです。以下はその例です。
ks=hd:UUID=ede47e6c-8b5f-49ad-9509-774fa7119281:ks.cfg
rootblkid コマンドを使用すると、デバイスの UUID を確認できます。
# blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: UUID="2c3a072a-3d0c-4f3a-a4a1-ab5f24f59266" TYPE="ext4"
Web サーバーのスクリプトまたはアプリケーションからキックスタートファイルを取得するには、ks= オプションでアプリケーションの URL を指定します。kssendmac オプションを追加すると、リクエストも HTTP ヘッダーを Web アプリケーションに送信します。アプリケーションはこれらのヘッダーを使用してコンピューターを特定できます。この行は、ヘッダーを持つリクエストをアプリケーション http://server.mydomain.com/kickstart.cgi に送信します。
linux ks=http://server.mydomain.com/kickstart.cgi kssendmac