Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

24.3. インストール後の問題

24.3.1. リモートグラフィカルデスクトップと XDMCP

X Window System をインストールし、グラフィカルログインマネージャーを使用して Red Hat Enterprise Linux システムにログインする場合は、XDMCP( X Display Manager Control Protocol )を有効にします。このプロトコルを使用すると、ユーザーは、任意の X Window System と互換性のあるクライアント(ネットワーク接続されたワークステーションや X11 ターミナルなど)からデスクトップ環境にリモートでログインできます。
XDMCP を使用してリモートログインを有効にするには、vinano などのテキストエディターで、Red Hat Enterprise Linux システムの /etc/gdm/custom.conf ファイルを編集します。[xdcmp] セクションに Enable=true 行を追加し、ファイルを保存してテキストエディターを終了します。
この変更を有効にするには、X Window System を再起動する必要があります。まず、ランレベル 4 に切り替えます。
/sbin/init 4
グラフィカル表示は終了し、ターミナルのみを残します。login: プロンプトに到達すると、ユーザー名とパスワードを入力します。
次に、ターミナルで root としてランレベル 5 に切り替えて、グラフィカルインターフェースに戻り、X11 サーバーを起動します。
/sbin/init 5
クライアントマシンから、X を使用してリモート X11 セッションを起動します。以下はその例です。
X :1 -query s390vm.example.com
このコマンドは、XDMCP 経由でリモート X11 サーバーに接続します( s390vm.example.com をリモート X11 サーバーのホスト名に置き換え)、X11 サーバーシステムのディスプレイ :1 にリモートグラフィカルログイン画面を表示します(通常は Ctrl-Alt-F8 キーの組み合わせを使用)。
nested X11 サーバーを使用してリモートデスクトップセッションにアクセスすることもできます。これにより、リモートデスクトップが現在の X11 セッションの画面として開きます。Xnest を使うと、ユーザーはローカルの X11 セッション内にネストされたリモートデスクトップを開くことができます。たとえば、以下のコマンドを使用して Xnest を実行します。s390vm.example.com をリモート X11 サーバーのホスト名に置き換えます。
Xnest :1 -query s390vm.example.com