24.3. インストール後の問題

24.3.1. リモートグラフィカルデスクトップと XDMCP

X Window System がインストールしてあり、グラフィカルログインマネージャーを使用して Red Hat Enterprise Linux システムにログインしたい場合、XDMCP (X Display Manager Control Protocol) を有効にします。このプロトコルにより、ユーザーは X Window System 互換クライアント (ネットワーク接続したワークステーションまたは X11 ターミナルなど) から、1 つのデスクトップ環境にリモートでログインできるようになります。
XDMCP を使用してリモートログインを有効にするには、Red Hat Enterprise Linux システム上の /etc/gdm/custom.conf ファイルを、vinano などのテキストエディタで編集します。[xdcmp] セクションに、Enable=true の行を追加します。ファイルを保存して、このテキストエディタを終了します。
この変更を有効にするには、X Window System を再起動する必要があります。まずはランレベル 4 に切り替えます。
/sbin/init 4
グラフィカル表示が閉じられ、ターミナルのみが残ります。login: プロンプトに到達したら、ユーザー名とパスワードを入力します。
次に、ターミナル内の root として、ランレベル 5 に切り替え、グラフィカルインターフェースに戻って X11 サーバーを起動します。
/sbin/init 5
クライアントマシンから、X を使用して、リモート X11 セッションを開始します。以下が例になります。
X :1 -query s390vm.example.com
このコマンドは、XDMCP (s390vm.example.com をリモート X11 サーバーのホスト名に入れ替える) を通じて、リモート X11 サーバーに接続し、リモートログイン画面を X11 サーバーシステムのディスプレイ :1 上に表示します (通常、Ctrl-Alt-F8 のキーの組み合わせでアクセス可能)。
nested X11 サーバーを使用してリモートデスクトップセッションにアクセスすることもできます。このサーバーはリモートデスクトップを現在の X11 セッションの 1 つのウィンドウとして開きます。 Xnest はユーザーが、ローカルの X11 セッション内にネストされたリモートデスクトップを開くことができるようにします。例えば、s390vm.example.com をリモート X11 サーバーのホスト名に置き換え、以下のコマンドを使用して Xnest を実行します。
Xnest :1 -query s390vm.example.com