Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

25.3.4. ネットワーク root ファイルシステム用の System z ネットワークデバイスの設定

root ファイルシステムにアクセスする必要のあるネットワークデバイスの追加は、起動オプションを変更するだけで実行できます。この起動オプションはパラメーターファイル (26章パラメーターファイルおよび設定ファイル を参照) 内にあるか、zipl ブートローダーで準備された DASD または FCP 接続の SCSI LUN 上の zipl.conf の一部でとなっている場合があります。initramfs を再作成する必要はありません。
Dracut (mkinitrd の後継で、initrd に取って代わる initramfs の機能を提供) は、ブートプロセスの初期に System z 上のネットワークデバイスをアクティベートするブートパラメーター rd_ZNET= を提供します。
このパラメーターは NETTYPE (qeth、lcs、ctc) と 2 つ (lcs、ctc) または 3 つ (qeth) のデバイスバス ID、ネットワークデバイス sysfs 属性に対応するキー値ペアで構成されるオプションの追加パラメーターのカンマ区切りのリストを入力として受け付けます。このパラメーターは System z のネットワークハードウェアを設定し、アクティベートします。IP アドレスと他のネットワーク仕様の設定は、他のプラットフォームと同様に機能します。詳細説明は、dracut の ドキュメントを参照してください。
ネットワークチャンネル向けの cio_ignore は、ブート時に透過的に処理されます。
NFS 経由のネットワークでアクセスされた root ファイルシステム用の起動オプションの例:
root=10.16.105.196:/nfs/nfs_root cio_ignore=all,!0.0.0009 rd_ZNET=qeth,0.0.0a00,0.0.0a01,0.0.0a02,layer2=1,portno=0,portname=OSAPORT ip=10.16.105.197:10.16.105.196:10.16.111.254:255.255.248.0:nfs‑server.subdomain.domain:eth0:none rd_NO_LUKS rd_NO_LVM rd_NO_MD rd_NO_DM LANG=en_US.UTF-8 SYSFONT=latarcyrheb-sun16 KEYTABLE=us