Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.3.2. LCS デバイスの追加

LCS (LAN チャネルステーション) のデバイスドライバーは、OSA-Express2 と OSA-Express 3 機能で 1000Base-T Ethernet をサポートします。
追加されるインターフェースのタイプに応じて、LCS ドライバーはベースインターフェース名を 1 つ割り当てます。
  • OSA-Express Fast Ethernet and Gigabit Ethernet 用 ethn
n の値はそのタイプに最初のデバイスでは 0 となり、2 番目は 1 と順に続きます。

25.3.2.1. LCS デバイスの動的な追加

  1. デバイスドライバーを読み込みます。
    # modprobe lcs
  2. cio_ignore コマンドを使用して無視されるデバイスのリストからネットワークチャンネルを削除し、Linux に見えるようにします。
    # cio_ignore -r read_device_bus_id,write_device_bus_id
    read_device_bus_idwrite_device_bus_id は、ネットワークデバイスを表す 2 つのデバイス ID で置き換えます。例を示します。
    # cio_ignore -r 0.0.09a0,0.0.09a1
  3. グループデバイスを作成します。
    # echo read_device_bus_id,write_device_bus_id > /sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/group
  4. デバイスを設定します。OSA カードは、CHPID 1 つにつき最大 16 ポートまで提供することができます。デフォルトでは、LCS グループデバイスはポート 0 を使用します。別のポートを使うには、次のようなコマンドを実行します。
    # echo portno > /sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/device_bus_id/portno
    portno は使用するポート番号で置き換えます。LCS ドライバーの 設定に関する詳細情報は、『Linux on System z Device Drivers, Features, and Commands on Red Hat Enterprise Linux 6』 の LCS の章を参照してください。
  5. デバイスをオンラインにセットします。
    # echo 1 > /sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/read_device_bus_id/online
  6. 割り当て済みのネットワークデバイス名を見つけるには、以下のコマンドを入力します。
    # ls -l /sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/read_device_bus_ID/net/
    drwxr-xr-x 4 root root 0 2010-04-22 16:54 eth1