Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.6. インストール前のスクリプト

ks.cfg が解析された直後に、システムで実行するコマンドを追加できます。このセクションは、「キックスタートオプション」 で説明されているキックスタートコマンドの後にキックスタートファイルの最後に置かれ、%pre コマンドで開始し、%end コマンドで終了する必要があります。キックスタートファイルに %post セクションも含まれる場合は、%pre セクションおよび %post セクションの順序は重要ではありません。設定ファイルの例については、「キックスタートの例」 を参照してください。
注記
キックスタートの事前インストールスクリプトセクションは、複数のインストールツリーやソースメディアを管理 できません。インストールプロセスの 2 番目の段階でインストールスクリプトが行われるため、作成した ks.cfg ファイルごとにこの情報を含める必要があります。
%pre セクションでネットワークにアクセスできますが、name サービス はこの時点では設定されていないため、IP アドレスのみが機能します。
インストール前の環境で最も一般的に使用されるコマンドのみを使用できます。
arping,awk,basename,bash,bunzip2,bzcat,cat,chattr,chgrp,chmod,chown,chroot,chvt,clear,cp, cpio,cut,date,dd,df,dirname,dmesg,du,e2fsck,e2label,echo,egrep,eject,env, expr,false,disk,fgrep,find,fsck,fsck.ext2,fsck.ext3,ftp,grep,gunzip,gzip,hdparm, head,hostname,hwclock,ifconfig,insmod,ip,ipcalc,kill,killall,less,ln,load_policy,login,losetup, ls,lsattr,lsmod,lvm,md5sum,mkdir,mke2fs,mkfs.ext2,mkfs.ext3,mknod,mkswap, mktemp ,mktemp, modprobe,more,mount,mt,mv,nslookup,openvt,pidof,ping,ps,pwd,readlink,rm,rmdir, rmmod,route,rpm,sed,sh,sha1sum,sleep,sort,swapoff,swapon,sync,tail,tar,tee, telnet,top,touch,true,tune2fs,umount,uniq,vconfig,vi,wc,wget,wipefs,xargs, zcat
注記
pre-install スクリプトは、root 環境では実行しません。
--interpreter /usr/bin/python
Python などの別のスクリプト言語を指定できます。/usr/bin/python は、任意のスクリプト言語に置き換えます。