32.6. インストール前のスクリプト

ks.cfg の解析直後に、システムで実行するコマンドを追加することができます。このセクションは 「キックスタートのオプション」 の説明にあるように、キックスタートコマンドの後でキックスタートファイルの最後に配置する必要があります。また、%pre コマンドで開始し、%end コマンドで終了する必要があります。キックスタートファイルに %post セクションも含まれる場合は、%pre および %post セクションの順番は重要ではありません。設定ファイルの例については、「キックスタートの例」 を参照してください。

注記

キックスタートのインストール前のスクリプトセクションは、複数のインストール ツリーやソースメディアを管理できません。インストール前のスクリプトはインストールプロセスの第 2 段階で実行されるため、このような情報は作成された各 ks.cfg に含める必要があります。
%pre セクションのネットワークにアクセスすることは可能ですが、name service はこの時点では設定されていないため、機能するのは IP アドレスのみです。
最も一般的に使用されているコマンドのみが、インストール前の環境で使用可能です。
arping, awk, basename, bash, bunzip2, bzcat, cat, chattr, chgrp, chmod, chown, chroot, chvt, clear, cp, cpio, cut, date, dd, df, dirname, dmesg, du, e2fsck, e2label, echo, egrep, eject, env, expr, false, fdisk, fgrep, find, fsck, fsck.ext2, fsck.ext3, ftp, grep, gunzip, gzip, hdparm, head, hostname, hwclock, ifconfig, insmod, ip, ipcalc, kill, killall, less, ln, load_policy, login, losetup, ls, lsattr, lsmod, lvm, md5sum, mkdir, mke2fs, mkfs.ext2, mkfs.ext3, mknod, mkswap, mktemp, modprobe, more, mount, mt, mv, nslookup, openvt, pidof, ping, ps, pwd, readlink, rm, rmdir, rmmod, route, rpm, sed, sh, sha1sum, sleep, sort, swapoff, swapon, sync, tail, tar, tee, telnet, top, touch, true, tune2fs, umount, uniq, vconfig, vi, wc, wget, wipefs, xargs, zcat

注記

インストール前のスクリプトは、change root 環境では実行されません。
--interpreter /usr/bin/python
Python などの異なるスクリプト言語を指定できます。 /usr/bin/python を目的のスクリプト言語に入れ換えます。