Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第15章 言語およびインストールソースの設定

グラフィカルインストールプログラムを起動する前に、言語およびインストールソースを設定する必要があります。

15.1. テキストモードのインストールプログラムユーザーインターフェイス

重要
グラフィカルインターフェイスを使用して Red Hat Enterprise Linux をインストールすることが推奨されます。グラフィカルディスプレイのないシステムに Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合は、VNC 接続でのインストールを検討してください。31章VNC 経由でのインストール を参照してください。VNC 接続を介したインストールが可能なシステムで、anaconda がテキストモードでインストールすることを検知した場合に、インストール時にオプションが制限されても、anaconda によりテキストモードでのインストールを決定するように求められます。
システムにグラフィカルディスプレイがあるものの、グラフィカルインストールが失敗した場合は、xdriver=vesa オプションを指定して起動してみてください。を参照してください。 28章起動オプション
ローダーと後続の anaconda はいずれも、グラフィカルユーザーインターフェイスで一般的に表示される画面上の ウィジェット のほとんどを含む画面ベースのインターフェイスを使用します。図15.1「URL セットアップにあるように、インストールプログラムのウィジェット」および 図15.2「言語の選択 で表示されるインストールプログラムのウィジェット」 は、インストールプロセス時に画面に表示されるウィジェットを示しています。

図15.1 URL セットアップにあるように、インストールプログラムのウィジェット

URL セットアップにあるように、インストールプログラムのウィジェット

図15.2 言語の選択 で表示されるインストールプログラムのウィジェット

言語の選択 で表示されるインストールプログラムのウィジェット
ウィジェットには以下が含まれます。
  • window: Windows (通常はマニュアルの ダイアログ と呼ばれます)は、インストールプロセス時に画面に表示されます。あるウィンドウで別のウィンドウをオーバーレイすることができます。このような場合には、上部のウィンドウのみと対話できます。そのウィンドウで終了すると、ウィンドウが消え、下のウィンドウで作業を継続できます。
  • チェックボックス - チェックボックスを使用すると、機能の選択または選択解除が可能になります。ボックスには、アスタリスク(選択済み)またはスペース(選択されていない)のいずれかが表示されます。カーソルがチェックボックス内にある場合は、Space を押して機能を選択または選択解除します。
  • テキスト入力:テキスト入力行は、インストールプログラムで必要な情報を入力できる領域です。カーソルがテキスト入力行に移動したら、その行で情報を入力または編集できます。
  • テキストウィジェット:テキストウィジェットは、テキスト表示用の画面領域です。時折、テキストウィジェットにチェックボックスなどの他のウィジェットを含めることもできます。テキストウィジェットに、予約されているスペースで表示できる情報よりも多くの情報が含まれる場合、スクロールバーが表示されます。テキストウィジェット内のカーソルを置きた場合は、Up および Down の矢印キーを使用して、利用可能なすべての情報をスクロールできます。現在の位置は、# 文字でスクロールバーに表示されます。これにより、スクロールバーが上に移動し、スクロールダウンします。
  • スクロールバー - ウィンドウの下部にスクロールバーが表示され、現在ウィンドウのフレームにリストまたはドキュメントのどの部分があるかを制御します。スクロールバーを使用すると、ファイルの任意の部分に簡単に移動できます。
  • ボタンウィジェット:ボタンウィジェットは、インストールプログラムと対話する主要な方法です。Tab キーおよび Enter キーを使用してこれらのボタンをナビゲートし、インストールプログラムのウィンドウに移動します。ボタンは強調表示されたときに選択できます。
  • カーソル:ウィジェットではありませんが、カーソルは特定のウィジェットの選択(および対話)に使用されます。カーソルが widget から widget に移動すると、ウィジェットが色を変更するか、カーソル自体がウィジェットの位置内または隣の隣にのみ表示されることがあります。図15.1「URL セットアップにあるように、インストールプログラムのウィジェット」 では、カーソルは Enable HTTP proxy チェックボックスに配置されます。図8.2「言語の選択 で表示されるインストールプログラムのウィジェット」OK ボタンにカーソルを表示します。

15.1.1. キーボードを使用した移動

インストールダイアログを介したナビゲーションは、簡単なキーセットを介して実行されます。カーソルを移動するには、左、 Up、および Down の矢印キーを使用します。TabShift:Tab を使用して、画面上の各ウィジェットを前方または後方で循環させます。下部の下部には、ほとんどの画面に、利用可能なカーソル位置するキーの概要が表示されます。
ボタンを非表示にするには、カーソルをボタンの上に配置し(例: Tab を使用)、Space または Enter を押します。アイテムの一覧から項目を選択するには、カーソルを選択する項目に移動し、Enter を押します。チェックボックスのある項目を選択するには、カーソルをチェックボックスに移動し、Space を押して項目を選択します。選択を解除するには、Space を 2 回押します。
F12 を押すと現在の値を受け入れ、次のダイアログに進みます。OK ボタンを押すのと同じです。
警告
ダイアログボックスが入力を待機している場合を除き、インストールプロセス時にキーを押しないでください(そうしないと、予期しない動作が発生する可能性があります)。