Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

31.3.2. キックスタートについての考慮事項

ターゲットシステムがネットワーク経由で起動する場合でも、VNC を依然として利用できます。そのシステム用のキックスタートファイルに vnc コマンドを追加するだけです。VNC ビューワを使用すればターゲットシステムに接続でき、インストールの進捗をモニターできます。使用するアドレスはキックスタートファイル経由でシステムに設定されているアドレスです。
ターゲットシステム用に DHCP を使用している場合は、vncconnect の方法を逆に展開する方が効果的な場合があります。キックスタートファイルに vnc ブートパラメーターを追加する代わりに、ターゲットシステム用のブート引数一覧に vncconnect=HOST パラメーターを追加します。HOST には、VNC ビューワシステムの IP アドレスか、または DNS ホスト名を入力します。vncconnect モードの使用法について詳細は、次のセクションをご覧ください。