Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

20.2. LPAR にインストールする

LPAR (論理パーティション) 内にインストールする場合は以下から起動することができます。
  • FTP サーバー
  • HMC または SE の DVD ドライブ
  • zipl ブートローダーで設定済みの DASD または FCP 接続の SCSI ドライブ
  • FCP 接続の SCSI DVD ドライブ
上記に共通する手順をまず実行します。
  1. LPAR に新しいオペレーティングシステムをインストールするために十分な権限を持つユーザーとして、IBM System z の HMC (ハードウェア管理コンソール) または SE (サポートエレメント) にログインします。SYSPROG ユーザーが推奨ユーザーになります。
  2. イメージ を選択し、インストール先となる LPAR を選択します。右側にあるフレーム内の矢印を使って CPC Recovery (CPC リカバリー) メニューに進みます。
  3. オペレーティングシステムのメッセージ をダブルクリックしてテキストコンソールを表示します。ここでは、Linux のブートメッセージが現れ、ユーザー入力が要求される可能性があります。詳細は、『Linux on System z Device Drivers, Features, and Commands on Red Hat Enterprise Linux 6』 の 「Linux の起動」の章と 『ハードウェア管理コンソールの操作ガイド(Hardware Management Console Operations Guide)』、注文番号 [SC28-6857] を参照してください。
インストールソースに応じて、次のいずれかの手順に進んでください。

20.2.1. FTP サーバーを使用する

  1. Load from CD-ROM, DVD, or Server (CD-ROM、DVD、またはサーバーからロード) をダブルクリックします。
  2. それに続くダイアログボックスで、FTP ソース を選択して、以下の情報を入力します。Host Computer: インストール元となる FTP サーバーのホスト名か IP アドレス (例えば、 ftp.redhat.com)。User ID: FTP サーバー上のユーザー名 (または anonymous)。Password: パスワード(anonymous としてログインする場合は、電子メールアドレスを使用)。Account (optional): このフィールドは空白で残します。File location (optional): System z 用 Red Hat Enterprise Linux を保有している FTP サーバー上のディレクトリ (例えば、/rhel/s390x/)。
  3. Continue (続行) をクリックします。
  4. 次に表示されるダイアログボックスでは、generic.ins のデフォルト選択はそのままにして、Continue (続行) をクリックします。