26.4. VNC および X11 のパラメーター

以下のパラメーターはパラメーターファイル内で定義できますが、CMS 設定ファイル内では機能しません。これらのパラメーターを使用して anaconda に使用するインターフェースを制御します。
X11 ユーザーインターフェースを X11 転送せずに使用する場合は以下の X11 パラメーターを指定してください。
display=IP/hostname:display
インストーラーが接続してグラフィカルユーザーインターフェースを表示するホスト名または IP アドレスとその X11 ディスプレイを設定します。
X11 ユーザーインターフェースの代わりに VNC サーバーを使用する場合は以下の VNC パラメーターを指定します。
vnc
インストールプロセスの後半で VNC グラフィカルユーザーインターフェースを使用する場合は vnc を指定してください。
vncpassword=
VNC サーバーに接続する際に使用するパスワードを設定します。パスワードパラメーターはオプションです。このパラメーターを指定しない場合、VNC サーバーはパスワードを使用しません。このため誰でも VNC サーバーに接続できるようになります。
vncconnect=IP/hostname[:port]
vnc および vncpassword= と併用します。VNC クライアントがリスニングモードで稼働しているホスト名または IP アドレス (オプションで TCP ポート) を指定します。インストーラーは指定された VNC クライアントに接続してグラフィカルユーザーインターフェースを表示します。