C.4. インストール後にインストール済みのシステムで暗号化したブロックデバイスを作成

暗号化したブロックデバイスはインストール後に作成と設定ができます。

C.4.1. ブロックデバイスの作成

partedpvcreatelvcreate、および mdadm を 使用することにより、暗号化するブロックデバイスを作成します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。