Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.13. ハードディスクの初期化

既存のハードディスクに読み取り可能なパーティションテーブルが見つからない場合、インストールプログラムはハードディスクを初期化するように要求します。この操作により、ハードディスク上の既存のデータを読み取りできなくなります。システムにオペレーティングシステムがインストールされていない完全に新しいハードディスクがある場合、またはハードディスクのパーティションをすべて削除している場合は、Re-initialize drive をクリックします。
インストールプログラムは、有効なパーティションテーブルを読み取れない各ディスクに対して個別のダイアログを表示します。Ignore all ボタンまたは Re-initialize all ボタンをクリックして、すべてのデバイスに同じ回答を適用します。

図16.34 警告画面: ハードドライブの初期化

警告画面: ハードドライブの初期化
特定の RAID システムまたはその他の標準以外の設定はインストールプログラムから読み取れず、ハードディスクを初期化するプロンプトが表示される場合があります。インストールプログラムは、検出できる物理ディスク構造に応答します。
必要なハードディスクの自動初期化を有効にするには、キックスタートコマンド zerombr を使用します( 32章キックスタートを使ったインストールを参照)。このコマンドは、以前に初期化したディスクを持つシステムで無人インストールを実行する場合に必要です。
警告
インストール時や検出および設定時にデタッチできる標準以外のディスク設定がある場合は、システムの電源を切り、この接続の割り当てを解除し、インストールを再起動します。