Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

34.2.2. サーバーの選択

サーバーの選択 (Choose Service) 画面を使用して、システムを登録するサブスクリプションサービスの種類を選択します。必要な場合は、Proxy Setup をクリックして、プロキシサーバーを設定します。プロキシーサーバーを使ったサブスクリプションの管理については、Red Hat Subscription Management を参照してください。
Red Hat サブスクリプション管理
システム、インストールされた製品、および割り当てられたサブスクリプションを特定するために適切な X.509 証明書を使用するサブスクリプションサービスは、Red Hat サブスクリプション管理の一部になります。これには、カスタマーポータルのサブスクリプション管理 (ホストされたサービス)、Subscription Asset Manager (オンプレミスのサブスクリプションサービスおよびプロキシ設定されたコンテンツ配信)、および CloudForms System Engine (オンプレミスのサブスクリプションおよびコンテンツ配信サービス) が含まれます。
このオプションがデフォルトです。ローカルの Satellite サーバーを実行 しない 組織の場合、Red Hat サブスクリプション管理が強く推奨されます。
Red Hat Network (RHN) Classic
Red Hat Network のレガシーシステム管理機能を使用するには、Red Hat Network (RHN) Classic オプションを選択します。RHN Classic は Red Hat Enterprise Linux 6.x システムで使用することができますが、これは既存のレガシーシステムを主な対象としています。新規インストールでは Red Hat サブスクリプション管理を使用することをお勧めします。
RHN Satellite または RHN Proxy
Red Hat Network コンテンツのローカルミラーへのアクセスのある環境では、このオプションを使用します。
サーバーの選択

図34.4 サーバーの選択