Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

34.2.2. サービスの選択

Choose Service 画面で、システムを登録するサブスクリプションサービスを選択します。Proxy Setup をクリックし、必要に応じてプロキシーサーバーを設定します。プロキシーサーバーを使用したサブスクリプション管理の詳細は、Red Hat Subscription Management ガイドを参照してください。
Red Hat Subscription Management
適切な X.509 証明書を使用してシステムを特定し、インストールした製品および割り当てられたサブスクリプションを特定するサブスクリプションサービスは、Red Hat Subscription Management に含まれます。これには、カスタマーポータルのサブスクリプション管理(ホスト型サービス)、Subscription Asset Manager(オンプレミスのサブスクリプションサービスおよびプロキシーコンテンツ配信)、CloudForms System Engine(オンプレミスのサブスクリプションおよびコンテンツ配信サービス)が含まれます。
このオプションがデフォルトです。ローカルの Satellite サーバーを実行し ない 組織については、Red Hat Subscription Management の使用を強く推奨します。
Red Hat Network(RHN)Classic
Red Hat Network(RHN)Classic オプションを選択して、Red Hat Network の従来のシステム管理機能を使用します。RHN Classic は Red Hat Enterprise Linux 6.x システムで使用できますが、主に既存のレガシーシステムを対象としています。新規インストールでは Red Hat Subscription Management を使用することが推奨されます。
RHN Satellite または RHN Proxy
このオプションは、Red Hat Network コンテンツのローカルミラーへのアクセスがある環境で使用してください。

図34.4 サービスの選択

サービスの選択