Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

3.3. ハードウェア要件

Red Hat Enterprise Linux 6 のハードウェア最小要件については、Red Hat Enterprise Linux テクノロジーの機能と制限 のページを参照してください。また、このページに記載されているメモリーの最小要件では、「パーティション設定に関する推奨」 に基づいてスワップ領域を作成していることを前提としてます。(1 GB 以下の) メモリーしかなく、推奨されるスワップ領域よりも少ないものしかないシステムでは、反応が遅いという問題や、最悪の場合にはインストール後に起動できないという問題が発生する可能性があります。
x86、AMD64、および Intel 64 システムに対して Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合、インストール先として Red Hat では以下のハードウェアに対応しています。
  • SCSI、SATA、SAS など標準的な内蔵インターフェースで接続するハードドライブ
  • BIOS/ファームウェア RAID デバイス
また、ファイバーチャネルのホストバスアダプターおよびマルチパスデバイスにも対応します。ハードウェアによってはベンダー提供のドライバーが必要な場合があります。
Red Hat では USB ドライブや SD メモリーカードへのインストールはサポートしていません。
Red Hat では、以下のような仮想化技術を利用するインストールにも対応しています。
  • Xen ブロックデバイス、Intel のプロセッサーで Xen の仮想マシン
  • VirtIO ブロックデバイス、Intel のプロセッサーで KVM の仮想マシン