33.11. インストール後のスクリプト

インストール後のスクリプト

図33.14 インストール後のスクリプト

インストール完了後にシステムで実行されるコマンドも追加できます。キックスタートファイルに適切なネットワーク設定がされていれば、ネットワークは有効になり、スクリプトにはネットワーク上でリソースにアクセスするためのコマンドを含めることができます。インストール後のスクリプトをキックスタートファイルに含めるには、これをテキストエリアに入力します。

重要

Red Hat Enterprise Linux の以前の各リリース内の anaconda のバージョンには、プレインストールとポストインストールの環境でシェルコマンドを提供する busybox のバージョンが含まれていました。Red Hat Enterprise Linux 6 の anaconda のバージョンには、busybox が含まれておらず、代わりに GNU の bash コマンドが使用されています。
詳細は、付録G busybox コマンドの代替コマンド を参照してください。

重要

%post コマンドは含めないでください。これは自動的に追加されます。
例えば、新規にインストールされたシステム用の本日のメッセージを変更するには、以下のコマンドを %post セクションに追加します。
echo "Welcome!" > /etc/motd

注記

その他の例は 「キックスタートの例」 で確認できます。

33.11.1. chroot 環境

chroot 環境外でインストール後のスクリプトを実行するには、Post-Installation ウィンドウ上部にあるこのオプションの横のチェックボックスをクリックします。これは、%post セクションの --nochroot オプションの使用と同等です。
新しくインストールしたファイルシステムに変更を加えるには、インストール後のセクションの中で、かつ chroot 環境の外部で、ディレクトリ名の前に /mnt/sysimage/ を付ける必要があります。
例えば、chroot 環境の外で実行を選択した場合、直前の例は以下のように変更される必要があります。
echo "Welcome!" > /mnt/sysimage/etc/motd