Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.2.2. UEFI ベースの x86 システムでの GRUB およびブートプロセス

本セクションでは、UEFI ベースの x86 システムを起動する際に特定のロール GRUB プレイを説明します。ブートプロセス全体を確認するには、「」 を参照してください。
GRUB は、以下の段階で自らをメモリーに読み込みます。
  1. UEFI ベースのプラットフォームは、システムストレージでパーティションテーブルを読み取り、EFI システムパーティション(ESP)(特定の グローバル一意識別子 (GUID)でラベル付けされた VFAT パーティション)をマウントします。ESP にはブートローダーやユーティリティーソフトウェアなどの EFI アプリケーションが含まれており、ソフトウェアベンダー固有のディレクトリーに保存されます。Red Hat Enterprise Linux 6.9 ファイルシステム、ESP は /boot/efi/、および EFI ソフトウェアから表示され、Red Hat が提供する EFI ソフトウェアは /boot/efi/EFI/redhat/ に保存されます。
  2. /boot/efi/EFI/redhat/ ディレクトリーには、EFI アプリケーションとして EFI ファームウェアアーキテクチャー向けにコンパイルされた GRUB のバージョンである grub.efi が含まれます。最も単純なケースでは、EFI ブートマネージャーはデフォルトのブートローダーとして grub.efi を選択し、それをメモリーに読み込みます。
    ESP に他の EFI アプリケーションが含まれる場合、EFI ブートマネージャーは grub.efi を自動的に読み込むのではなく、実行するアプリケーションを選択するように促す場合があります。
  3. GRUB は、起動するオペレーティングシステムまたはカーネルを決定し、これをメモリーに読み込み、マシンの制御をそのオペレーティングシステムに転送します。
各ベンダーは ESP で独自のアプリケーションのディレクトリーを維持するため、UEFI ベースのシステムではチェーンロードを行う必要はありません。EFI ブートマネージャーは、ESP にあるオペレーティングシステムのブートローダーのいずれかを読み込むことができます。