Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.19. パッケージグループの選択

インストールにほとんどの選択肢を行ったので、デフォルトのパッケージ選択を確認するか、システムのパッケージをカスタマイズすることができます。
パッケージの インストールデフォルト 画面 が表示され、Red Hat Enterprise Linux インストールのデフォルトパッケージセットの詳細が表示されます。この画面は、インストールする Red Hat Enterprise Linux のバージョンによって異なります。
重要
Red Hat Enterprise Linux をテキストモードでインストールする場合は、パッケージを選択することはできません。インストーラーは、ベースグループおよびコアグループからのみパッケージを自動的に選択します。これらのパッケージは、インストールプロセスの最後にシステムが動作し、更新および新規パッケージをインストールする準備が整っていることを確認するには十分です。パッケージの選択を変更するには、インストールを完了してから、ソフトウェアの追加/削除 アプリケーションを使用して必要な変更を加えます。

図16.47 パッケージグループの選択

パッケージグループの選択
デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux インストールプロセスは、基本的なサーバーとしてデプロイされたシステムに適したソフトウェアの選択を読み込みます。このインストールにはグラフィカル環境が含まれていないことに注意してください。他のロールに適したソフトウェアの選択を含めるには、次のいずれかのオプションに対応するラジオボタンをクリックします。
基本サーバー
このオプションは、サーバーで使用するための Red Hat Enterprise Linux の基本インストールを提供します。
データベースサーバー
このオプションは、MySQL および PostgreSQL データベースを提供します。
Web server
このオプションは Apache Web サーバーを提供します。
エンタープライズ Identity Server ベース
このオプションは、ID サーバーおよび認証サーバーを作成するための OpenLDAP および Enterprise Identity Management (IPA)を提供します。
Virtual Host
このオプションは、仮想マシンのホストを作成する KVM および Virtual Machine Manager ツールを提供します。
デスクトップ
このオプションは、OpenOffice.org 生産性スイート、GIMP などのグラフィカルツール、およびマルチメディアアプリケーションを提供します。
ソフトウェア開発ワークステーション
このオプションは、Red Hat Enterprise Linux システムでソフトウェアのコンパイルに必要なツールを提供します。
最小
このオプションは、Red Hat Enterprise Linux の実行に必要なパッケージのみを提供します。最小インストールは、単一の目的サーバーまたはデスクトップアプライアンスの基盤を提供し、このようなインストールでパフォーマンスとセキュリティーを最大化します。
警告
現在、最小インストールでは、authconfig パッケージおよび system-config-firewall-base パッケージが選択にないため、デフォルトでファイアウォール(iptables/ip6tables)を設定しません。この問題を回避するには、キックスタートファイルを使用して、これらのパッケージを選択したパッケージに追加します。回避策の詳細は Red Hat カスタマーポータル、キックスタートファイルの詳細は 32章キックスタートを使ったインストール を参照してください。
回避策を使用しない場合、インストールは正常に完了しますが、ファイアウォールは設定されず、セキュリティーリスクが発生します。
現在のパッケージリストを受け入れることを選択した場合は、「パッケージのインストール」 に進んでください。
コンポーネントを選択するには、そのコンポーネントの横にあるチェックボックスをクリックします( 図16.47「パッケージグループの選択」を参照してください)。
パッケージセットをさらにカスタマイズするには、画面の Customize now オプションを選択します。 へ をクリックすると、パッケージグループの選択 画面に移動します。

16.19.1. 追加リポジトリーからのインストール

追加の リポジトリー を定義して、インストール時にシステムで利用可能なソフトウェアを増やすことができます。リポジトリーは、ソフトウェアパッケージと、そのソフトウェアパッケージを記述する メタデータ を保存するネットワークの場所です。Red Hat Enterprise Linux で使用されるソフトウェアパッケージの多くは、他のソフトウェアをインストールする必要があります。インストーラーはメタデータを使用して、インストール用に選択したすべてのソフトウェアでこれらの要件を満たしていることを確認します。
Red Hat Enterprise Linux リポジトリーが自動的に選択されます。これには、Red Hat Enterprise Linux 6.9 としてリリースされたソフトウェアの完全なコレクションと、リリース時の現在のバージョンにさまざまなソフトウェアが含まれています。

図16.48 ソフトウェアリポジトリーの追加

ソフトウェアリポジトリーの追加
追加 リポジトリー からソフトウェアを含めるには、Add additional software repositories を選択し、リポジトリーの場所を指定します。
既存のソフトウェアリポジトリーの場所を編集するには、一覧でリポジトリーを選択し、Modify repository を選択します。
Red Hat Enterprise Linux DVD など、ネットワーク以外のインストール時にリポジトリー情報を変更すると、インストーラーはネットワーク設定情報の入力を求めます。

図16.49 ネットワークインターフェイスの選択

ネットワークインターフェイスの選択
  1. ドロップダウンメニューからインターフェイスを選択します。
  2. OK をクリックします。
次に、Anaconda により NetworkManager が起動し、インターフェイスを設定できます。

図16.50 ネットワーク接続

ネットワーク接続
NetworkManager の使用方法は、を参照してください。 「ホスト名の設定」
Add additional software repositories を選択すると、Edit repository ダイアログが表示されます。リポジトリー名 と、そのロケーションの リポジトリー URL を指定します。
ミラーを見つけたら、使用する URL を判別するために、repodata という名前のディレクトリーが 含ま れるミラー上のディレクトリーを検索します。
追加リポジトリーの情報を入力すると、インストーラーはパッケージのメタデータをネットワーク経由で読み取ります。特別にマークされたソフトウェアは、パッケージグループ選択システムに含まれます。
警告
パッケージ選択画面から Back を選択すると、入力した追加のリポジトリーデータが失われます。これにより、追加のリポジトリーを効果的にキャンセルできます。現在、入力後に 1 つのリポジトリーのみをキャンセルする方法はありません。