Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

39.2. Your Computer Dual-boots Red Hat Enterprise Linux and another Operating System

コンピューターが Red Hat Enterprise Linux または別のオペレーティングシステムをデュアルブートするように設定されている場合は、他のオペレーティングシステムを含むパーティションを削除せずに Red Hat Enterprise Linux を削除してください。多数のオペレーティングシステムに関する具体的な手順を以下に示します。Red Hat Enterprise Linux や他のオペレーティングシステムを一切インストールしないように設定するには、Red Hat Enterprise Linux のみがインストールされているコンピューター用に説明した手順に従います。 「Red Hat Enterprise Linux は、コンピューター上の唯一のオペレーティングシステムです。」

39.2.1. Your Computer Dual-boots Red Hat Enterprise Linux and a Microsoft Windows Operating System

39.2.1.1. Windows 2000、Windows Server 2000、Windows XP、および Windows Server336

警告
このプロセスを開始すると、一連の手順が完了するまでコンピューターが起動できない状態のままになる可能性があります。削除プロセスを開始する前に、以下の手順を慎重に確認してください。別のコンピューターでこのような手順を開くことを検討したり、プロセス時にいつでもアクセスできるように、これらの手順を出力することを検討してください。
この手順では、Windows インストールディスク からロードする Windows リカバリーコンソールに依存するため、このディスクにアクセスせずに手順を完了できなくなります。一旦、手順を開始したらそれを完了させない限り、コンピューターが起動できない状態になってしまう可能性があります。Windows の事前インストールで指示されたファクトリー構築済みのコンピューターと共に提供される「システム復元ディスク」には Windows リカバリーコンソールが含まれない場合があります
この手順で説明したプロセス中に、Windows リカバリーコンソールに より Windows システムの管理者パスワードの入力が求められます。システムの管理者用パスワードがわかっている、またはシステムの管理者用パスワードは一切作成されていない (製造元でも作成および設定されていない) ことが確かな場合以外は、この手順を実行しないでください。
  1. Red Hat Enterprise Linux パーティションの削除
    1. コンピューターを Microsoft Windows 環境で起動します。
    2. Start>Run... をクリックし、diskmgmt.msc入力 し、Enter を押します。その後に Disk Management (ディスクの管理) ツールが開きます。
      各パーティションをバーで表したグラフが表示されます。1 番目のパーティションは通常、NTFS のラベルが付いていて C: ドライブを表しています。少なくとも 2 つの Red Hat Enterprise Linux パーティションが表示されます。Windows では、これらのパーティションのファイルシステムタイプは表示されず、一部のパーティションにドライブ文字を割り当てることができます。
    3. Red Hat Enterprise Linux パーティションのいずれかを右クリックし、Delete Partition をクリックし、Yes をクリックして削除を確認します。システムの他の Red Hat Enterprise Linux パーティションに対してこのプロセスを繰り返します。パーティションを削除すると、Windows はそれらのパーティションが占有していたハードドライブの領域に unallocated (未割り当て) とラベル付けします。
  2. Windows が Red Hat Enterprise Linux が検証したハードドライブの領域を使用できるようにします(オプション)
    注記
    この手順は、お使いのコンピューターから Red Hat Enterprise Linux を削除する必要はありません。ただし、この手順を省略すると、ハードドライブのストレージ容量の一部が Windows で使用できなくなります。設定によっては、ドライブのストレージ容量に大きな部分が存在する可能性があります。
    追加の領域を使用するために既存の Windows パーティションを拡張するか、その領域に新しい Windows パーティションを作成するかどうかを決定します。Windows パーティションを新たに作成すると、Windows は新しいドライブ文字を割り当て、別のハードドライブであるかのように対話します。

    既存の Windows パーティションの拡張

    注記
    この手順で使用する diskpart ツールは、Windows XP および Windows336 オペレーティングシステムの一部としてインストールされます。Windows 2000 または Windows Server 2000 を実行しているコンピューターでこの手順を実行している場合、お使いのオペレーティングシステム用の ディスク のバージョンを Microsoft の Web サイトからダウンロードできます。
    1. Start>Run... をクリックし、diskpart入力 し、Enter を押します。コマンドウィンドウが表示されます。
    2. list volume と入力し、Enter を押します。diskpart は、システムのパーティションの一覧と、ボリューム番号、そのドライブ文字、ボリュームラベル、ファイルシステムタイプ、サイズを表示します。Red Hat Enterprise Linux でハードドライブの領域を占有するために使用する Windows パーティションを特定し、そのボリューム番号を書き留めます(Windows C: ドライブは「ボリューム 0」である可能性があります)。
    3. ボリューム N 」を入力します( N は拡張する Windows パーティションのボリューム番号)、Enter を押します。ここで extend と入力し、Enter を押します。diskpart は、選択したパーティションを拡張して、ハードドライブの残りの領域を埋めていきます。操作が完了したときに通知します。

    新しい Windows パーティションの追加

    1. Disk Management ウィンドウで、Windows ラベルが 未割り当て のディスク領域を右クリックし、メニューから New Partition を選択します。新規パーティションウィザードが起動 します。
    2. 新規パーティションウィザード で表示されるプロンプトに従います。デフォルトのオプションを使用すると、このツールは、ハードドライブで利用可能な領域をすべて埋め、次に利用可能なドライブ文字を割り当て、NTFS ファイルシステムでフォーマットする新しいパーティションを作成します。
  3. Windows ブートローダーの復元
    1. Windows インストール用ディスクをコンピューターに挿入して再起動します。コンピューターが起動すると、画面に以下のメッセージが数秒間表示されます。
      Press any key to boot from CD
      このメッセージが表示されている間にいずれかのキーを押すと、Windows インストールソフトウェアが読み込まれます。
    2. セットアップにようこそ の画面が表示されたら、Windows 回復コンソールを開始できます。この手順は Windows のバージョンごとに若干異なります。
      • Windows 2000 および Windows Server 2000 の場合は、R キーを押してから C キーを押します。
      • Windows XP および Windows Server 2003 の場合は、R キーを押します。
    3. Windows 回復コンソール により、ハードドライブのスキャン、Windows インストールの検索が行われ、各インストールに番号が割り当てられます。各 Windows インストールが表示され、いずれかひとつの選択を求められます。復元する Windows インストールの番号を入力します。
    4. Windows Recovery Console により、Windows インストールの管理者用パスワードの入力が求められます。管理者用パスワードを入力して Enter キーを押します。システムに管理者用パスワードがない場合は Enter キーを押すだけです。
    5. プロンプトで、コマンド fixmbr と入力して Enter を押します。fixmbr ツールによりシステムのマスターブートレコードが復元されます。
    6. プロンプトが再度表示されたら、exit と入力して Enter キーを押します。
    7. コンピューターが再起動し、Windows オペレーティングシステムを起動させます。

39.2.1.2. Windows Vista および Windows Server 2008

警告
このプロセスを開始すると、一連の手順が完了するまでコンピューターが起動できない状態のままになる可能性があります。削除プロセスを開始する前に、以下の手順を慎重に確認してください。別のコンピューターでこのような手順を開くことを検討したり、プロセス時にいつでもアクセスできるように、これらの手順を出力することを検討してください。
この手順は、Windows インストールディスクからロードし、このディスクにアクセスせずに手順を完了できない Windows リカバリー環境 に依存します。一旦、手順を開始したらそれを完了させない限り、コンピューターが起動できない状態になってしまう可能性があります。Windows の事前インストールされた、ファクトリー構築済みのコンピューターと共に提供される「システム復元ディスク」には Windows リカバリー環境が含まれていない場合があります
  1. Red Hat Enterprise Linux パーティションの削除
    1. コンピューターを Microsoft Windows 環境で起動します。
    2. Start をクリックしてから、diskmgmt.mscStart Search ボックスに 入力 し、Enter を押します。その後に Disk Management (ディスクの管理) ツールが開きます。
      各パーティションをバーで表したグラフが表示されます。1 番目のパーティションは通常、NTFS のラベルが付いていて C: ドライブを表しています。少なくとも 2 つの Red Hat Enterprise Linux パーティションが表示されます。Windows では、これらのパーティションのファイルシステムタイプは表示されず、一部のパーティションにドライブ文字を割り当てることができます。
    3. Red Hat Enterprise Linux パーティションのいずれかを右クリックし、Delete Partition をクリックし、Yes をクリックして削除を確認します。システムの他の Red Hat Enterprise Linux パーティションに対してこのプロセスを繰り返します。パーティションを削除すると、Windows はそれらのパーティションが占有していたハードドライブの領域に unallocated (未割り当て) とラベル付けします。
  2. Windows が Red Hat Enterprise Linux が検証したハードドライブの領域を使用できるようにします(オプション)
    注記
    この手順は、お使いのコンピューターから Red Hat Enterprise Linux を削除する必要はありません。ただし、この手順を省略すると、ハードドライブのストレージ容量の一部が Windows で使用できなくなります。設定によっては、ドライブのストレージ容量に大きな部分が存在する可能性があります。
    追加の領域を使用するために既存の Windows パーティションを拡張するか、その領域に新しい Windows パーティションを作成するかどうかを決定します。Windows パーティションを新たに作成すると、Windows は新しいドライブ文字を割り当て、別のハードドライブであるかのように対話します。

    既存の Windows パーティションの拡張

    1. Disk Management ウィンドウで、拡張する Windows パーティションを右クリックし、メニューから Extend Volume を選択します。Extend Volume Wizard が開きます。
    2. Extend Volume Wizard に表示されるプロンプトに従います。これが提供するデフォルトを受け入れると、このツールは、選択したボリュームを拡張してハードドライブの利用可能な領域をすべて埋めます。

    新しい Windows パーティションの追加

    1. Disk Management ウィンドウで、Windows ラベルが 未割り当て のディスク領域を右クリックし、メニューから New Simple Volume を選択します。New Simple Volume Wizard が起動します。
    2. New Simple Volume Wizard に表示されるプロンプトに従います。デフォルトのオプションを使用すると、このツールは、ハードドライブで利用可能な領域をすべて埋め、次に利用可能なドライブ文字を割り当て、NTFS ファイルシステムでフォーマットする新しいパーティションを作成します。
  3. Windows ブートローダーの復元
    1. Windows インストール用ディスクをコンピューターに挿入して再起動します。コンピューターが起動すると、画面に以下のメッセージが数秒間表示されます。
      Press any key to boot from CD or DVD
      このメッセージが表示されている間にいずれかのキーを押すと、Windows インストールソフトウェアが読み込まれます。
    2. Windows のインストール ダイアログで言語、時刻と通貨の形式、およびキーボードのタイプを選択します。 をクリックします。
    3. コンピューターの修復 をクリックします。
    4. Windows リカバリ環境 (WRE) により、システムで検出できた Windows インストールが表示されます。復元するインストールを選択して をクリックします。
    5. コマンドプロンプト をクリックします。コマンドウィンドウが開きます。
    6. bootrec /fixmbr と入力して Enter を押します。
    7. プロンプトが再度表示されたら、コマンドウィンドウを閉じてから 再開始をクリックします。
    8. コンピューターが再起動し、Windows オペレーティングシステムを起動させます。