Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第40章 Removing Red Hat Enterprise Linux from IBM System z

Linux ディスクに機密データが含まれている場合には、既存のオペレーティングシステムのデータを削除する時に、必ず所属組織のセキュリティーポリシーに準じてデータを破棄してください。以下の選択肢を検討した上で、削除の手順に進んでください。
  • 新規インストールでディスクを上書きします。
  • 新規インストールを開始し、パーティショニングダイアログ( 「ディスクパーティション設定」を参照)を使用して、Linux がインストールされているパーティションをフォーマットします。「ディスクへの変更の書き込み」 に記載されている ディスクへの書き込みダイアログに変更 を加えたら、インストーラーを終了します。
  • Linux がインストールされていた DASD または SCSI ディスクを他のシステムから見えるようにしてから、データを削除します。しかし、この操作には特別な権限が必要になる可能性があります。システム管理者に確認してください。dasdfmt (DASD のみ) や partedmke2fsdd などの Linux コマンドを使用できます。コマンドの詳細は、それぞれの man ページを参照してください。

40.1. z/VM ゲストまたは LPAR で異なるオペレーティングシステムの実行

DASD または SCSI ディスクから起動する際に、現在インストールされているシステムが z/VM ゲスト仮想マシンまたは LPAR にある場合は、インストールされている Red Hat Enterprise Linux をシャットダウンして、別の Linux インスタンスがインストールされている必要なディスクを使用して起動します。この操作でインストール済みのシステムのコンテンツが変更されることはありません。