第40章 IBM System z から Red Hat Enterprise Linux を削除

既存のオペレーティングシステムのデータを削除する際には、Linux ディスクに秘密データが含まれている場合、セキュリティポリシーに準じてデータの削除を確認する必要があります。続行するには、以下のオプションを検討してください。
  • ディスクを新規インストールで上書きする。
  • 新規インストールを開始し、パーティショニングダイアログ (「ディスクパーティションの構成」 を参照) を使用して Linux がインストールされているパーティションをフォーマットします。「ディスクへの変更の書き込み」 の説明にあるように Write changes to disk (変更をディスクへ書き込む) ダイアログの後でインストールを終了します。
  • Linux がインストールされていた DASD または SCSI ディスクを他のシステムから見えるようにしてから、データを削除します。しかし、この操作には特別な権限が必要になる可能性があります。システム管理者に確認してください。dasdfmt (DASD のみ) や partedmke2fsdd などの Linux コマンドを使用できます。これらのコマンドについての詳細にはそれぞれの man ページを参照してください。

40.1. z/VM ゲストまたは LPAR 上での異なるオペレーティングシステムの稼働

z/VM ゲスト仮想マシンまたは LPARにある現在インストール済みのシステムの場所とは異なる DASD または SCSI ディスクからブートする場合は、インストール済みの Red Hat Enterprise Linux を シャットダウンして、ブート先となる別の Linux インスタンスがインストールされているディスクを使用します。この操作では、インストール済みシステムのコンテンツは変更されません。