16.12. ストレージデバイスの割り当て

ストレージデバイス選択の画面 (「ストレージデバイス」 を参照) で複数のストレージデバイスを選択した場合、 anaconda はこれらのデバイスの内のどれがオペレーティングシステムのインストール用に利用可能で あるべきか、 そして、どれがデータストレージ用のみとしてファイルシステムに取り付けられるべきかの選択を要求します。 ストレージデバイスを1つだけ選択している場合は、anaconda はこの画面を 表示しません。
インストール中に、データストレージ専用としてここで識別するデバイスは、ファイルシステムの一部として マウントされますが、パーティション設定とフォーマットはありません。
ストレージデバイスを割り当てる

図16.34 ストレージデバイスを割り当てる

この画面は2つの窓枠に別れています。左窓枠には、データストレージ専用として使用されれるデバイスの 一覧が含まれます。右窓枠には、オペレーティングシステムのインストール用に利用可能なデバイスの 一覧が含まれます。
それぞれの一覧には、デバイスの識別の手助けとなる情報が含まれています。アイコンで マークが付いている小さなドロップダウンメニューはコラムヘッディングの右側にあります。 このメニューにより、それぞれのデバイス上で提供されるデータタイプを選択できるようになります。 提示される情報の量を加減してみると、特定デバイスの識別の手助けになるでしょう。
デバイスを一方の一覧から他の一覧に移動するには、そのデバイスをクリックして、それから左向きの 矢印が付いているボタンを押してデータストレージデバイスの一覧へ移動するか、あるいは右向きの 矢印が付いたボタンを押してオペレーティングシステムのインストールに使用可能なデバイスの一覧に 移動します。
インストールのターゲットとして利用可能なデバイスの一覧では、各デバイスの横にラジオボタンを含めることもできます。このラジオボタンを使用すれば、システムのブートデバイスとして使用したい デバイスを指定することができます。

重要

Red Hat Enterprise Linux ブートローダーをチェーンロードするブートローダーをいずれかのストレージデバイスが含んでいる場合、そのストレージデバイスを インストール対象デバイス (Install Target Devices) に含めます。インストール対象デバイス として識別するストレージデバイスは、ブートローダー設定中に anaconda から見える状態になります。
この画面上で インストール対象デバイス (Install Target Devices) として識別するストレージデバイスは、パーティション設定画面 (「ディスクパーティションの構成」 を参照) で すべての領域を使用 (Use All Space) オプションを選択していない限り、インストールプロセスにより自動的に抹消されることはありません。
インストール用に使用されるデバイスの識別を終了したら、 をクリックして続行します。