16.10. タイムゾーンの設定

コンピューターが物理的に存在する場所に最も近い都市を選択してタイムゾーンを設定します。地図をクリックすると世界の特定の地域にズームインすることができます。
ここでタイムゾーンを選択する 2 つの方法があります。
  • マウスを使って、対話式地図をクリックして特定の都市 (黄色の点で表示) を選択します。選択した都市は赤い X で示されます。
  • さらに、画面下にある一覧をスクロールしてタイムゾーンを選択することもできます。マウスを使って目的の場所をクリックし、選択内容を強調表示します。
タイムゾーンの設定

図16.32 タイムゾーンの設定

Red Hat Enterprise Linux が使用中のコンピューター上で唯一のオペレーティングシステムである場合、システムクロックで UTC を使用 (System clock uses UTC) を選択します。システムクロックはコンピューターシステム上のハードウェアの一部です。Red Hat Enterprise Linux はタイムゾーン設定を使用して、システムクロック上のローカルタイムと UTC 間のオフセットを判定します。これは UNIX、Linux、およびこれらと同様のオペレーティングシステムを使用するシステム用の標準動作です。
をクリックして進みます。

注記

インストールが完了した後でタイムゾーンの設定を変更するには、時刻と日付のプロパティツール (Time and Date Properties Tool) を使用します。
シェルプロンプトで system-config-date コマンドを入力して、時刻と日付のプロパティツール (Time and Date Properties Tool) を起動します。root になっていない場合は、継続する際に root パスワードが要求されます。