Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.3. キックスタートファイルを作成する

kickstart ファイルは簡単なテキストファイルであり、それぞれがキーワードで識別できる項目の一覧が含まれています。Kickstart Configurator アプリケーションを使用するか、または最初から各自で書き込んで作成することができます。Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムも、インストール時に選択したオプションをベースにしてサンプルのキックスタートファイルを作成します。この記述は /root/anaconda-ks.cfg ファイルに書き込まれます。これはテキストエディタ、またはワードプロセッサーで編集が可能であり、ASCII テキストとしてファイルを保存することができます。
まず、キックスタートファイルを作成する際には次の点に注意します。
  • 各セクションは決められた順序で指定してください。セクション内の項目については、特に指定がない限り順序は関係ありません。セクションの順序は次のようになります。

    注記

    各セクションを %end で終了して、ログ警告を回避してください。
  • 必須項目以外は省略しても構いません。
  • 必須項目が省略されている場合は、通常のインストールと同様、その関連項目についての回答が求められます。回答を入力すると、インストールが自動的に続行されます (他にも省略されている部分があればその部分まで)。
  • 記号 (#) で始まる行は、コメントとして処理され、無視されます。
  • キックスタートアップグレードの場合は、必須項目は次のとおりです。
    • 言語
    • インストール方法
    • デバイスの指定 (インストールの実行にデバイスが必要な場合)
    • キーボードの設定
    • upgrade キーワード
    • ブートローダーの設定
    アップグレードの場合に他の項目を指定しても無視されます (パッケージの選択も無視されます)。