Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

34.3. ユーザーの作成

この画面でユーザーアカウントを作成します。このアカウントを使用して、root アカウントではなく、Red Hat Enterprise Linux システムにログインします。

図34.12 firstboot create user screen

firstboot create user screen
ユーザー名とフルネームを入力してから、選択したパスワードを入力します。パスワードの 確認 ボックスにパスワードをさらに入力して、正しいパスワードを確認します。
ユーザー情報の認証にネットワークサービスを使用するように Red Hat Enterprise Linux を設定するには、ネットワーク ログインの使用 をクリックします。詳細は、「認証設定」 を参照してください。
重要
この手順でユーザーアカウントを 1 つ以上作成しないと、Red Hat Enterprise Linux グラフィカル環境にログインすることができません。インストール時にこの手順を省略した場合は、「グラフィカル環境での起動」 を参照してください。
注記
インストールが完了したら、追加のユーザーアカウントをシステムに追加するには、SystemAdministrationUsers & Groups を選択します。

34.3.1. 認証設定

Create User 画面で Use Network Login をクリックすると、システムでユーザーの認証方法を指定する必要があります。ドロップダウンメニューから、以下のタイプのユーザーデータベースから選択します。
  • ローカルアカウントのみ (ネットワーク上のユーザーデータベースにアクセスできない場合に使用)
  • LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)
  • NIS (ネットワーク情報サービス)
  • winbind (Microsoft Active Directory で使用する場合)

図34.13 初回起動認証設定画面

初回起動認証設定画面
ネットワークに適したユーザーデータベースのタイプを選択する場合は、そのデータベースタイプに関連する追加情報を指定する必要があります。たとえば、LDAP を選択した場合は、LDAP 検索の ベース識別名 と LDAP サーバーのアドレスを指定する必要があります。また、Kerberos パスワード、LDAP パスワード、NIS パスワードなど、選択したユーザーデータベースのタイプに関連する Authentication Method も選択する必要があります。
Advanced Options タブでは、フィンガープリントリーダー、スマートカード、/etc/security/access.conf のローカルアクセス制御など、他の認証メカニズムを有効にできます。
詳細は、『 Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド』 の「 『認証設定』 」を参照してください。

図34.14 firstboot authentication Advanced Options 画面

firstboot authentication Advanced Options 画面