34.3. 一般ユーザーの作成

この画面でユーザー自身のためにアカウントを作成します。ご使用の Red Hat Enterprise Linux システムにログインする際には、root アカウントではなく、常にこのアカウントを使用してください。
Firstboot のユーザー作成画面

図34.12 Firstboot のユーザー作成画面

ユーザー名とフルネームを記入します。次に、選択したパスワードを入力します。パスワードの確認ボックスでもう一度パスワードを入力し、それが正しいことを確定します。
ユーザー情報の認証用にネットワークサービスを使用するように Red Hat Enterprise Linux を設定するには、ネットワークログインを使用をクリックします。詳細は、「認証の設定」を参照してください。

重要

この手順で少なくとも 1 つのユーザーアカウントを作成しないと、Red Hat Enterprise Linux のグラフィカル環境にログインすることができません。インストール時にこの手順を省略した場合は、「グラフィカル環境へのブート」を参照してください。

注記

インストールが完了した後に余分のユーザーアカウントをシステムに追加するには、システム管理ユーザー & グループの順に進みます。

34.3.1. 認証の設定

ユーザーの作成 (Create User) 画面で ネットワークログインを使用 (Use Network Login) をクリックしている場合は、このシステムでユーザーが認証される方法を指定する必要があります。ドロップダウンメニューを使ってユーザーデータベースの以下のタイプから選択します。
  • ローカルアカウントのみ (Local accounts only) (ネットワーク上でユーザーデータベースにアクセスできない場合に使用)
  • LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)
  • NIS (Network Information Service)
  • Winbind (Microsoft Active Directory での使用)
Firstboot の認証設定画面

図34.13 Firstboot の認証設定画面

使用するネットワークに適切なユーザーデータベースのタイプを選択する際には、そのデータベースタイプに関連した追加の詳細を提供する必要があります。例えば、LDAP を選択する場合、LDAP 検索用にベース識別名 (base distinguished name) と LDAP サーバーのアドレスを指定する必要があります。また、選択するユーザーベースのタイプに適切な 認証方法 (Authentication Method) も選択する必要があります。例えば、Kerberos パスワード、LDAP パスワード、または NIS パスワードなどがあります。
高度なオプション (Advanced Options) タブでは、指紋読み取り、スマートカード、および /etc/security/access.conf 内のローカルアクセス制御を含む、その他の認証メカニズムを有効にすることができます。
詳細情報は『Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』の『認証の設定』 の章を参照してください。
Firstboot 認証の高度なオプション画面

図34.14 Firstboot 認証の高度なオプション画面