Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

F.2.2. ブートローダー

F.2.2.1. x86 システム用の GRUB ブートローダー

x86 システムは、BIOS を装備してあるシステムの場合は第 1 ステージブートローダーに従い、または UEFI を装備しているシステムの場合は EFI システムパーティションから直接読み取ることで、GRUB をメモリーにロードします。
GRUB にはブート時に ext2、ext3 および ext4 [17] パーティションを読み込み、/boot/grub/grub.conf (BIOS 用) や /boot/efi/EFI/redhat/grub.conf (UEFI 用) といった設定ファイルをロードできるという利点があります。このファイルの編集方法に関しては、「GRUB メニュー設定ファイル」を参照してください。

重要

Red Hat Enterprise Linux 6.9 内の GRUB ブートローダーは ext2、ext3、および ext4 のファイルシステムをサポートしています。しかし、VFAT や Btrfs や XFS などの他のファイルシステムはサポートしません。さらには、 GRUB は LVM をサポートしません。
第 2 ステージブートローダーがメモリーにロードされると、ブートするよう設定されている異なるオペレーティングシステムやカーネルを表示したグラフィカル画面をユーザーに表示します (カーネルを更新すると、ブートローダーの設定ファイルは自動的に更新されます)。この画面で、起動したいオペレーティングシステムまたはカーネルを矢印キーで選択し、Enter キーを押します。何もキーを押さなければ、ブートローダーは、設定可能な待ち時間が経過するとデフォルトで選択されているものをロードします。
第 2 ステージブートローダーは、ブートするカーネルを決定すると、次に /boot/ ディレクトリ内の対応するカーネルバイナリを見付けます。このカーネルバイナリは以下の形式を使用して名前を付けています。— /boot/vmlinuz- <kernel-version> ファイル (<kernel-version> はブートローダー設定に指定してあるカーネルバージョンに相当します)。
コマンドラインの引数をカーネルに渡すためのブートローダーの使用法については、付録E GRUB ブートローダーを参照してください。ブートローダープロンプトでのランレベルの変更については、「起動時にランレベルを変更する」 を参照してください。
次に、ブートローダーは、適切な initramfs イメージをメモリーに配置します。カーネルは、initramfs を使用してシステムのブートに必要なドライバーとモジュールをロードします。これは、SCSI ハードドライブがある場合や、システムが ext3 または ext4 のファイルシステムを使用している場合に特に重要となります。
カーネルと initramfs イメージがメモリーにロードされるとブートローダーはブートプロセスの制御をカーネルに渡します。
GRUB ブートローダーの詳細概要については、付録E GRUB ブートローダー を参照してください。


[17] GRUB は ext3 および ext4 ファイルシステムを ext2 として読み込み、ジャーナルファイルを無視します。