Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.17. パッケージグループの選択

インストールに最も適したので、デフォルトのパッケージ選択を確認したり、システムのパッケージをカスタマイズすることができます。
パッケージ インストールのデフォルト画面が 表示され、Red Hat Enterprise Linux インストールに設定したデフォルトパッケージの詳細が表示されます。この画面は、インストールする Red Hat Enterprise Linux のバージョンによって異なります。
重要
テキストモードで Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合は、パッケージの選択はできません。インストーラーは、ベースグループおよびコアグループからのみパッケージを自動的に選択します。これらのパッケージは、インストールプロセスの最後にシステムが機能し、更新および新規パッケージをインストールする準備ができていることを確認するのに十分なパッケージです。パッケージの選択を変更するには、インストールを完了してから、Add/Remove Software アプリケーションを使用して必要な変更を加えます。

図9.48 パッケージグループの選択

パッケージグループの選択
デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux のインストールプロセスは、基本サーバーとしてデプロイされたシステムに適したソフトウェアの選択を読み込みます。このインストールには、グラフィカル環境が含まれないことに注意してください。他のロールに適したソフトウェアの選択を追加するには、以下のオプションのいずれかに対応するラジオボタンをクリックします。
基本サーバー
このオプションは、サーバーで使用する Red Hat Enterprise Linux の基本インストールを提供します。
データベースサーバー
このオプションは、MySQL および PostgreSQL データベースを提供します。
Web server
このオプションは Apache Web サーバーを提供します。
Enterprise Identity Server のベース
このオプションは、アイデンティティーおよび認証サーバーを作成するための OpenLDAP および Enterprise Identity Management (IPA)を提供します。
仮想ホスト
このオプションは、仮想マシンのホストを作成する KVM および Virtual Machine Manager ツールを提供します。
デスクトップ
このオプションは、OpenOffice.org の生産性スイート、GIMP などのグラフィカルツール、マルチメディアアプリケーションを提供します。
ソフトウェア開発ワークステーション
このオプションは、Red Hat Enterprise Linux システムでソフトウェアをコンパイルするために必要なツールを提供します。
最小
このオプションは、Red Hat Enterprise Linux の実行に必須となるパッケージのみを提供します。最小インストールでは、シングル目的サーバーまたはデスクトップアプライアンスのベースを提供し、そのインストールのパフォーマンスとセキュリティーを最大化します。
警告
現在、authconfig パッケージおよび system-config-firewall-base パッケージが選択に含まれていないため、現在、最小インストールではファイアウォール(iptables/ip6tables)を設定しません。この問題を回避するには、キックスタートファイルを使用して、パッケージを選択項目に追加できます。この回避策の詳細については、Red Hat カスタマーポータル (Red Hat カスタマーポータル)を参照してください。キックスタートファイルの詳細は、32章キックスタートを使ったインストール を参照してください。
回避策を使用しない場合には、インストールは正常に完了しますが、セキュリティーリスクとなるファイアウォールは設定されません。
現在のパッケージ一覧を許可する場合は、「パッケージのインストール」 に進みます。
コンポーネントを選択するには、それの横にあるチェックボックスをクリックします( 図9.48「パッケージグループの選択」を参照)。
パッケージセットをさらにカスタマイズするには、画面で Customize now オプションを選択します。Next をクリックして、パッケージグループの選択 画面に移動します。

9.17.1. 追加リポジトリーからのインストール

追加の リポジトリー を定義して、インストール時にシステムで利用できるソフトウェアを増やすことができます。リポジトリーは、ソフトウェアパッケージとそれらを記述する メタデータ を格納するネットワークの場所です。Red Hat Enterprise Linux で使用されるソフトウェアパッケージの多くは、他のソフトウェアをインストールする必要があります。インストーラーはメタデータを使用して、インストール用に選択した全ソフトウェアについてこれらの要件を満たしていることを確認します。
基本オプションは以下のとおりです。
  • High Availability リポジトリーには、Red Hat High-availability Service Management コンポーネントを使用した高可用性 クラスタリング(フェイルオーバークラスタリングとしても知られる)のパッケージが含まれます。
  • Load Balancer リポジトリーには、Linux Virtual Server (LVS)を使用した負荷分散クラスタリング用のパッケージが含まれます。
  • Red Hat Enterprise Linux リポジトリーは自動的に選択されます。これには、Red Hat Enterprise Linux 6.9 としてリリースされたソフトウェアの完全コレクションと、リリース時に現在あったバージョンのさまざまなソフトウェアが含まれます。
  • Resilient Storage リポジトリーには、Red Hat グローバルファイルシステム (GFS)を使用したストレージクラスタリングのパッケージが含まれます。
Red Hat Enterprise Linux 6.9 でのクラスタリングの詳細は、で利用できる https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/High_Availability_Add-On_Overview/index.htmlRed Hat Enterprise Linux 6.9 High Availability Add-On の概要』 を参照してください。

図9.49 ソフトウェアリポジトリーの追加

ソフトウェアリポジトリーの追加
追加の リポジトリー からソフトウェアを含めるには、Add additional software repositories を選択し、リポジトリーの場所を指定します。
既存のソフトウェアリポジトリーの場所を編集するには、一覧でリポジトリーを選択し、Modify repository を選択します。
ネットワーク以外のインストール時に(Red Hat Enterprise Linux DVD など)リポジトリーの情報を変更すると、インストーラーによりネットワーク設定情報の入力が求められます。

図9.50 ネットワークインターフェースの選択

ネットワークインターフェースの選択
  1. ドロップダウンメニューからインターフェースを選択します。
  2. OK をクリックします。
次に、AnacondaNetworkManager を起動して、インターフェースを設定できます。

図9.51 ネットワーク接続

ネットワーク接続
NetworkManager の使用方法は、を参照してください。 「ホスト名の設定」
Add additional software repositories を選択すると、Edit repository ダイアログが表示されます。ロケーションの リポジトリー名リポジトリー URL を指定します。
ミラーを見つけたら、使用する URL を特定するには、repodata という名前のディレクトリーが 含ま れるミラーのディレクトリーを見つけます。
追加のリポジトリーの情報を提供すると、インストーラーはネットワーク経由でパッケージのメタデータを読み取ります。特別にマークされているソフトウェアは、パッケージグループ選択システムに含まれます。
警告
パッケージの選択画面から Back を選択すると、入力した追加のリポジトリーデータが失われます。これにより、追加のリポジトリーを効果的にキャンセルできます。現時点で、入力した 1 つのリポジトリーのみをキャンセルする方法はありません。