Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.3.2.2. LCS デバイスの永続的な追加

cio_ignore は永続的なデバイス設定に応じて透過的に処理されるので、無視するリストから手動でデバイスを解放する必要はありません。
LCS デバイスを永続的に追加するには、以下の手順にしたがいます。
  1. 設定ファイルのスクリプトを /etc/sysconfig/network-scripts/ 内に ifcfg-ethn というようなファイル名で作成します。ここでの n0 から 始まる整数となります。このファイルは以下のようになります。
    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    # IBM LCS
    DEVICE=eth0
    BOOTPROTO=static
    IPADDR=10.12.20.136
    NETMASK=255.255.255.0
    ONBOOT=yes
    NETTYPE=lcs
    SUBCHANNELS=0.0.09a0,0.0.09a1
    PORTNAME=0
    OPTIONS=''
    TYPE=Ethernet
  2. PORTNAME を修正して、使用する LCS ポート番号 (portno) を反映させます。有効な lcs sysfs 属性とその値をオプションで OPTIONS パラメーターに追加できます。構文については、「qeth デバイスの永続的な追加」 を参照してください。
  3. DEVICE パラメーターを以下のように設定します。
    DEVICE=ethn
  4. ifup コマンドを実行してデバイスをアクティベートします。
    # ifup ethn
ifcfg ファイルへの変更はシステムの再起動後にのみ反映されます。以下のコマンドを実行することで、ネットワークチャネル用の ifcfg ファイルのアクティベーションを開始することができます。
  1. cio_ignore コマンドを使用して LCS デバイスアダプターを無視されるデバイスのリストから削除し、Linux に見えるようにします。
    # cio_ignore -r read_device_bus_id,write_device_bus_id
    read_device_bus_idwrite_device_bus_id は、LCS デバイスのデバイス ID で置き換えます。例を示します。
    # cio_ignore -r 0.0.09a0,0.0.09a1
  2. 次に変更をアクティベートする uevent を開始します。
    echo add > /sys/bus/ccw/devices/read-channel/uevent
    例を示します。
    echo add > /sys/bus/ccw/devices/0.0.09a0/uevent