Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.3.3. ネットワークインストールの実行

askmethod オプションまたは repo= オプションを使用してインストールを開始すると、 FTP、HTTP、HTTPS、NFS などのプロトコルを使ったネットワークサーバーからの Red Hat Enterprise Linux のインストールを行なうことができます。 Anaconda では、 インストールの後半で行なわれる追加のソフトウェアリポジトリの参照にも同じネットワーク接続を使用します。
システムに複数のネットワークデバイスがある場合は、 anaconda によって使用可能なデバイスの全一覧が表示され、 インストール中に使用するデバイスの選択を求めるプロンプトが表示されます。 ネットワークデバイスが 1 つだけの場合は、 自動的にそれが選択されるためこのダイアログは表示されません。
ネットワークデバイス

図15.6 ネットワークデバイス

一覧内のデバイスがそれぞれどの物理ソケットに該当するのかわからない場合は、 どれか 1 つ選んで Identify ボタンを押します。 Identify NIC ダイアログが表示されます。
NIC の識別

図15.7 NIC の識別

大半のネットワークデバイスのソケットには、 アクティビティライト (別名 リンクライト)、 つまりデータがソケットを流れていることを示す時に点滅する LED が備わっています。 AnacondaNetworking Device ダイアログで選択したネットワークデバイスのアクティビティライトを最長 30 秒まで点滅させることができます。 点滅させたい秒数を入力してから OK を押します。 anaconda によるアクティビティライトの点滅が終了すると、 Networking Device ダイアログ画面に戻ります。
ネットワークデバイスを選択すると、 TCP/IP の設定方法を選択するプロンプトが表示されます。

IPv4 のオプション

動的 IP 設定 (DHCP)
Anaconda はネットワーク上で実行している DHCP を使用して、自動的にネットワーク設定を行います。
手動による設定
Anaconda は、本システムの IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイアドレス、DNS アドレスなどのネットワーク設定を手動で入力するようプロンプトを表示します。

IPv6 のオプション

Automatic
Anaconda はネットワーク環境に応じて、 自動設定に ルーター広告 (RA - Router Advertisement) と DHCP を使用します (NetworkManagerAutomatic オプションと同等)。
Automatic, DHCP only
Anaconda は RA を使用しません。 ただし、 ステートフル設定を構成するため直接 DHCPv6 からの情報を要求します (NetworkManagerAutomatic, DHCP only オプションと同等)。
Manual configuration
Anaconda により、システムの IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイアドレス、DNS アドレスなどのネットワーク設定情報の手動による入力を求めるプロンプトが表示されます。
Anaconda では IPv4 および IPv6 のプロトコルに対応しています。 ただし、IPv4 と IPv6 の両方を使用するようインターフェースを設定した場合、 IPv4 接続が正しく確立されている必要があります。 IPv6 接続が成功していても IPv4 接続が正しく確立されていないと、 インターフェースは機能しません。
TCP/IP の設定

図15.8 TCP/IP の設定

デフォルトでは、anaconda は IPv4 には「DHCP」を使用してネットワークの設定を自動的に提供し、IPv6 には「Automatic」を使用してネットワークの設定を提供します。 TCP/IP を手動で設定するよう選択した場合は、anaconda より Manual TCP/IP Configuration ダイアログに詳細情報の入力が求められます。
手動による TCP/IP 設定

図15.9 手動による TCP/IP 設定

手動設定を選択したプロトコルにより、 ダイアログには IPv4 と IPv6 のアドレスとプレフィックスのフィールドの他、 ネットワークゲートウェイやネームサーバーのフィールドも表示されます。 ネットワークの詳細を入力して OK を押します。
インストールが完了すると、 この設定がシステムに転送されることになります。