9.3. インターフェース制御スクリプト

インターフェース制御スクリプトは、システムインターフェースをアクティベート及び、非アクティベートします。制御スクリプトを呼び出す主要なインターフェース制御スクリプトは、/sbin/ifdown/sbin/ifup の 2 つあり、/etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリにあります。
ifupifdown のインターフェーススクリプトは、/sbin/ ディレクトリのスクリプトへのシンボリックリンクです。いずれかのスクリプトが呼び出されると、インターフェースの値を以下のように指定する必要があります:
ifup eth0

警告

ifupifdown のインターフェーススクリプトが、ユーザーがネットワークインターフェースをアクティベート、非アクティベートするために使用すべき唯一のスクリプトです。
以下のスクリプトは、参照目的のみのために記載しています。
ネットワークインターフェースを立ち上げるプロセスで様々なネットワーク初期化タスクを実行するために使用する 2 つのファイルは、/etc/rc.d/init.d/functions/etc/sysconfig/network-scripts/network-functions です。詳細は 「ネットワーク関数ファイル」 を参照してください。
インターフェースが指定され、要求を実行するユーザーがインターフェースの制御を許可されたことが確認されると、適切なスクリプトによってインターフェースはアクティベート、非アクティベートされます。以下は /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリにある一般的なインターフェース制御スクリプトです:
ifup-aliases
1 つのインターフェースに複数の IP アドレスが関連付けされる場合に、インターフェース設定ファイルから IP エイリアスを設定します。
ifup-ippp 及び ifdown-ippp
ISDN インターフェースをアクティベート、非アクティベートします。
ifup-ipv6 及び ifdown-ipv6
IPv6 インターフェースをアクティベート、非アクティベートします。
ifup-plip
PLIP インターフェースをアクティベートします。
ifup-plusb
ネットワーク接続のため USB インターフェースをアクティベートします。
ifup-post 及び ifdown-post
インターフェースがアクティベート、非アクティベートされた後に実行されるコマンドが含まれます。
ifup-ppp 及び ifdown-ppp
PPP インターフェースをアクティベート、非アクティベートします。
ifup-routes
インターフェースがアクティベートされると、デバイスに対する静的ルートを追加します。
ifdown-sit 及び ifup-sit
IPv4 接続内の IPv6 トンネルをアクティベート、非アクティベートすることに関連する関数呼び出しが含まれます。
ifup-wireless
ワイヤレスインターフェースをアクティベートします。

警告

/etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリのスクリプトを削除または変更すると、インターフェース接続の動作が不規則になる、または障害が発生する場合があります。そのため、ネットワークインターフェースに関連するスクリプトの修正は、上級ユーザーのみが行うことをお勧めします。
すべてのネットワークスクリプトを同時に操作する最も簡単な方法は、以下のコマンドで例示しているように、ネットワークサービス (/etc/rc.d/init.d/network) で /sbin/service コマンドを使用することです。
/sbin/service network action
ここでは、actionstartstop、または restart のいずれかになります。
以下のコマンドを使用すると、設定済みのデバイスと現在アクティブなネットワークインターフェースの一覧を表示できます:
/sbin/service network status