Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.2.2. at サービスの実行

At および Batch ジョブはいずれも atd サービスにより選択されます。本セクションでは、atd サービスを起動、停止、再起動する方法と、特定のランレベルでそのサービスを有効にする方法を説明します。ランレベルの概念と Red Hat Enterprise Linux でシステムサービスを管理する方法は、12章サービスおよびデーモン を参照してください。

27.2.2.1. at サービスの起動および停止

サービスが実行中かどうかを確認するには、コマンド service atd status を使用します。
現行セッションで atd サービスを実行するには、root で次のコマンドを実行します。
 service atd start 
システムの起動時にサービスが自動的に起動するようにするには、以下のコマンドを使用します。
 chkconfig atd on 
注記
システムの起動時にサービスを自動的に開始することが推奨されます。
このコマンドは、ランレベル 2、3、4、および 5 でサービスを有効にします。または、「サービスの有効化および無効化」 の説明に従って Service Configuration ユーティリティーを使用できます。