Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3.5. IPP プリンターの追加

IPP プリンターは同じ TCP/IP ネットワーク上の異なるシステムにつながっているプリンターです。このプリンターが取り付けられているシステムは CUPS を実行しているか、単に IPP を使用するよう設定されているだけです。
プリンターサーバーでファイアウォールが有効な場合は、ポート 631 で受信 TCP 接続が可能なようにファイアウォールを設定する必要があります。プロトコルを参照する CUPS により、クライアントマシンは共有 CUPS キューを自動的に検出することが可能です。これを有効にするには、クライアントマシンのファイアウォールをポート 631 で受信 UDP パッケージを許可するよう設定する必要があります。
以下の手順に従い、IPP プリンターを追加します。
  1. 新規プリンター ダイアログを開きます (「プリンター設定の開始」 を参照)。
  2. 左側のデバイスの一覧で、ネットワークプリンターInternet Printing Protocol (ipp) または Internet Printing Protocol (https) の順に選択します。
  3. 右側で、接続設定を入力します。
    ホスト
    IPP プリンターのホスト名
    キュー
    新規のキューに与えるキューの名前です(このボックスが空白のままであると、デバイスノードを基にした名前が使用されます)。
    IPP プリンターの追加

    図18.6 IPP プリンターの追加

  4. 進む をクリックし、続けます。
  5. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。