Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.4. ブロックデバイスとファイルシステムの表示

19.4.1. lsblk コマンドの使用

lsblk コマンドは、利用可能なブロックデバイスの一覧を表示します。シェルプロンプトで以下を入力してください。
lsblk
一覧表示された各ブロックデバイスについて lsblk コマンドが表示するのは次のとおりです。デバイス名 (NAME)、メジャーおよびマイナーデバイス番号 (MAJ:MIN)、リムーバブルデバイスかどうか (RM)、そのサイズ (SIZE)、読み取り専用デバイスかどうか (RO)、そのタイプ (TYPE)、デバイスのマウント先 (MOUNTPOINT) です。例えば以下のとおりです。
~]$ lsblk
NAME                      MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0                        11:0    1  1024M  0 rom
vda                       252:0    0    20G  0 rom
|-vda1                    252:1    0   500M  0 part /boot
`-vda2                    252:2    0  19.5G  0 part
  |-vg_kvm-lv_root (dm-0) 253:0    0    18G  0 lvm  /
  `-vg_kvm-lv_swap (dm-1) 253:1    0   1.5G  0 lvm  [SWAP]
デフォルトでは、lsblk はツリーのような形式でブロックデバイスを一覧表示します。通常の一覧として表示するには、-l コマンドラインオプションを追加します。
lsblk -l
例えば以下のようにします:
~]$ lsblk -l
NAME                  MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0                    11:0    1  1024M  0 rom
vda                   252:0    0    20G  0 rom
vda1                  252:1    0   500M  0 part /boot
vda2                  252:2    0  19.5G  0 part
vg_kvm-lv_root (dm-0) 253:0    0    18G  0 lvm  /
vg_kvm-lv_swap (dm-1) 253:1    0   1.5G  0 lvm  [SWAP]
利用可能なコマンドラインオプションの全一覧は、lsblk(8) の man ページを参照してください。