Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.4. IBM PowerPC ハードウェアにおける fadump の使用

Red Hat Enterprise Linux 6.8 以降では、kdump の代替ダンプメカニズムである ファームウェア支援ダンプ (fadump)が利用できるようになりました。fadump 機能は、IBM Power Systems でのみサポートされます。fadump の目的は、クラッシュしたシステムのダンプを有効にし、完全にリセットされたシステムからこれを実行し、システムが実稼働環境で復旧するまでの総経過時間を最小限に抑えることです。fadump 機能は、kdumpfadump メカニズムの間で無関係に切り替えるために、ユーザー空間にある kdump インフラストラクチャーと統合されます。
ファームウェア支援ダンプ(fadump)は、IBM PowerPC LPARS で利用可能な kexec-kdump に代わる信頼性の高い仕組みです。ファームウェア支援ダンプでは、PCI および I/O デバイスが再初期化され、完全にリセットされたシステムから、vmcore がキャプチャーされます。この仕組みでは、クラッシュ発生時にファームウェアを使用してメモリーを保存しますが、kdump ユーザー空間スクリプトを再利用して vmcore を保存します。
そのために、fadump はクラッシュ発生時にシステムファームウェアを使って保持する必要のあるメモリー領域を登録します。これらの領域には、ブートメモリー、システムレジスター、およびハードウェアのページテーブルエントリー (PTE) を除く、すべてのシステムメモリーコンテンツが含まれます。
注記
ブートメモリー と呼ばれる保持されないメモリー 領域は、クラッシュイベント後にカーネルを正常に起動するのに必要な RAM の容量です。デフォルトのブートメモリーサイズは、256 MB または全システム RAM の 5% のいずれか大きい方です。
kexec-initiated イベントとは異なり、fadump プロセスでは実稼働用のカーネルを使用してクラッシュダンプを復元します。PowerPC ハードウェアはクラッシュ後に起動すると、デバイスノード /proc/device-tree/rtas/ibm,kernel-dumpprocfs で利用できるようにし、fadump 対応の kdump スクリプトは vmcore を保存するかどうかを確認します。この処理が完了すると、システムは正しく再起動されます。

fadump の有効化

  1. 「kdump サービスのインストール」 および 「kdump サービスの設定」 で説明されているように kdump をインストールおよび設定します。
  2. /etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUX の行に fadump=on を追加します。
    GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=rhel/swap crashkernel=auto rd.lvm.lv=rhel/root rhgb quiet fadump=on"
  3. (オプション)デフォルトを許可する代わりに予約ブートメモリーを指定する場合は、/etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUXfadump_reserve_mem=xxM を追加します。xx は必要なメモリー容量(メガバイト単位)に置き換えます。
    GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=rhel/swap crashkernel=auto rd.lvm.lv=rhel/root rhgb quiet fadump=on fadump_reserve_mem=xxM"
重要
すべてのブート設定オプションと同様に、必要になる前に設定をテストすることを強く推奨します。クラッシュカーネルから起動時に Out of Memory(OOM)エラーが発生する場合は、クラッシュカーネルが正常に起動できるまで、fadump_reserve_mem= で指定した値を増やします。この場合は、トライアンドエラーが必要になることがあります。