Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.2. システムの要件

biosdevname プログラムはシステムの BIOS からの情報、特に SMBIOS 内に収納されている type 9 (システムスロット) フィールドと type 41 (オンボードデバイス拡張情報) フィールドからの情報を使用します。ステムの BIOS が SMBIOS のバージョン 2.6、またはそれ以降を持っていなければ、新しい命名慣習は使用されません。ほとんどの旧型のハードウェアは、必要な SMBIOS バージョンとフィールド情報を持つ BIOS を土台にしていないため、この機能をサポートしていません。BIOS あるいは SMBIOS バージョンの詳細についてはご使用のハードウェアの製造元にご連絡下さい。
この機能が効力を発揮するには、biosdevname パッケージがインスト-ルされている必要があります。biosdevname パッケージは Red Hat Enterprise Linux 6 の base パッケージグループの一部です。Minimal Install 以外は、すべてのインスト-ルオプションがこのパッケージを含んでいます。Red Hat Enterprise Linux 6.0 から RHEL 6.1.へのアップグレードにはインスト-ルされていません。