Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.2.3. /proc/cpuinfo

この仮想ファイルは、システムが使用するプロセッサーのタイプを特定します。/proc/cpuinfo の標準的な出力の例は以下の通りです:
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 15
model		: 2
model name	: Intel(R) Xeon(TM) CPU 2.40GHz
stepping	: 7 cpu
MHz		: 2392.371
cache size	: 512 KB
physical id	: 0
siblings	: 2
runqueue	: 0
fdiv_bug	: no
hlt_bug		: no
f00f_bug	: no
coma_bug	: no
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 2
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca  cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm
bogomips	: 4771.02
  • processor — 各プロセッサーが識別番号で表示されます。プロセッサーを 1 基搭載しているシステムでは、0 のみが表示されます。
  • cpu family — システム内のプロセッサーを正式に識別します。Intel ベースのシステムの場合は、"86" の前に番号を配置し、値を特定します。これは、586、486、386 などの旧システムのアーキテクチャーを識別する場合に特に有用です。一部の RPM パッケージはこれらの特定のアーキテクチャー別にコンパイルされているので、この値は、ユーザーがインストールすべきパッケージを判断する際にも役立ちます。
  • model name — プロセッサーの一般名がプロジェクト名と共に表示されます。
  • cpu MHz — プロセッサーの正確な速度がメガヘルツ単位で小数点以下第 3 位まで表示されます。
  • cache size — プロセッサーが使用可能な 2 次キャッシュメモリの容量が表示されます。
  • siblings — ハイパースレッディングを採用したアーキテクチャーで同じ物理 CPU 上にある sibling CPU の数を表示します。
  • flags — Floating Point Unit (FPU) の有無や MMX 指示の処理能力など、プロセッサーに関する数多くの異なる性質を定義します。