Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.5. yum のプラグイン

yum は、その操作を拡張し、強化するプラグインを提供します。特定のプラグインが、デフォルトでインストールされています。yum コマンドを呼び出すたびに、読み込まれ、アクティブになっているプラグインがあれば、yum がそれを通知します。以下に例を示します。
~]# yum info yum
Loaded plugins: product-id, refresh-packagekit, subscription-manager
[output truncated]
Loaded plugins に続くプラグイン名は、--disableplugins=plugin_nameオプションに指定できる名前 です。

8.5.1. yum プラグインを有効、設定、および無効にする方法

Yum プラグインを有効にするには、/etc/yum.conf[main] セクションに plugins= で始まる行を追加し、その値が 1 であることを確認します。
plugins=1
すべてのプラグインを無効にするには、この行を plugins=0 に変更します
プラグインをすべて無効にすることは推奨されません。
一部のプラグインは重要な Yum サービスを提供するため、すべてのプラグインを無効にすることは推奨されません。特に、rhnpluginRHN Classic に対応しており、product-id プラグインおよび subscription-manager プラグインは、証明書ベースの コンテンツ配信ネットワーク (CDN)のサポートを提供します。グローバルにプラグインを無効にすることは便利なオプションとして提供されますが、通常は Yum の潜在的な問題を診断する場合にのみ推奨されます。
インストールされたすべてのプラグインには、/etc/yum/pluginconf.d/ ディレクトリーに独自の設定ファイルがあります。このファイルに、プラグイン固有のオプションを設定できます。たとえば、以下のように refresh-packagekit プラグインの refresh-packagekit.conf 設定ファイルがあるとします。
[main]
enabled=1
プラグイン設定ファイルには、[main] セクション(Yum の /etc/yum.conf ファイルと同様)が常に含まれます(または存在しない場合は配置可能)、yum コマンドの実行時にプラグインを有効にするかどうかを制御する enabled= オプションを使用できます。
/etc/yum.confenabled=0 を設定してすべてのプラグインを無効にすると、個々の設定ファイルで有効かどうかに関わらず、すべてのプラグインが無効になります。
1 つの yum コマンドで Yum プラグインをすべて無効にする場合は、--noplugins オプションを使用します。
1 つの yum コマンドで yum プラグインを無効にする場合は、--disableplugin=plugin_name オプションをコマンドに追加します。たとえば、システムの更新中に presto プラグインを無効にするには、以下を入力します。
~]# yum update --disableplugin=presto
--disableplugin= オプションに指定したプラグイン名は、yum コマンドの出力の Loaded プラグ イン 行の後に一覧表示される名前と同じです。名前をコンマで区切ることにより、複数のプラグインを無効にすることができます。さらに、glob 表現を使用して、複数のプラグイン名に一致したり、長いプラグイン名を短くすることができます。
~]# yum update --disableplugin=presto,refresh-pack*