Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.2.2.6.3. Anonymous User Options

以下は、サーバーへの匿名ユーザーアクセスを制御するディレクティブの一覧です。このオプションを使用するには、anonymous_enable ディレクティブを YES に設定する必要があります。
  • anon_mkdir_write_enable - write_enable ディレクティブとともに有効にすると、匿名ユーザーは書き込みパーミッションを持つ親ディレクトリーに新しいディレクトリーを作成できます。
    デフォルト値は NO です。
  • anon_root: 匿名ユーザーがログインした後に vsftpd の変更を指定します。
    このディレクティブにはデフォルト値がありません。
  • anon_upload_enable - write_enable ディレクティブとともに有効にすると、匿名ユーザーは書き込みパーミッションを持つ親ディレクトリー内のファイルをアップロードできます。
    デフォルト値は NO です。
  • anon_world_readable_only: 有効にすると、匿名ユーザーは誰でも読み取り可能なファイルのみをダウンロードできます。
    デフォルト値は YES です。
  • ftp_username - 匿名の FTP ユーザーに使用されるローカルユーザーアカウント( /etc/passwdにリストされている)を指定します。ユーザーの /etc/passwd で指定したホームディレクトリーは、匿名の FTP ユーザーのルートディレクトリーです。
    デフォルト値は ftp です。
  • no_anon_password: 有効にすると、匿名ユーザーはパスワードを要求されません。
    デフォルト値は NO です。
  • secure_email_list_enable: 有効にすると、匿名ログインに対して指定された電子メールパスワード一覧のみが許可されます。これは、仮想ユーザーを使用せずに、限定されたセキュリティーをパブリックコンテンツに提供する便利な方法です。
    /etc/vsftpd/email_passwords に提供されたパスワードが一覧表示されていない限り、匿名ログインは回避されます。ファイル形式は、1 行に 1 つのパスワードで、最後の空白はありません。
    デフォルト値は NO です。