Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.9. netconsole の設定

netconsole カーネルモジュールにより、ネットワーク経由でカーネルメッセージを別のコンピューターに記録できます。これにより、ディスクロギングに失敗した場合やシリアルコンソールを使用できない場合に、カーネルのデバッグを行うことができます。

リストマシンの設定

netconsole ロギングメッセージの受信を有効にするには、rsyslog パッケージをインストールします。
]# yum install rsyslog
rsyslogd が 514/UDP ポートをリッスンし、ネットワークからメッセージを受信するように設定するには、/etc/rsyslog.confMODULES セクションの以下の行のコメントを解除します。
$ModLoad imudp
$UDPServerRun 514
rsyslogd サービスを再起動して、変更を有効にします。
]# service rsyslog restart
rsyslogd が 514/udp ポートでリッスンしていることを確認するには、次のコマンドを使用します。
]# netstat -l | grep syslog
udp        0      0 *:syslog                    *:*                                     
udp        0      0 *:syslog                    *:*
netstat -l 出力の 0 *:syslog 値は、/etc/services ファイルで定義されているデフォルトの netconsole ポートでリッスンしていることを意味します。
]$ cat /etc/services | grep syslog
syslog          514/udp
syslog-conn     601/tcp                 # Reliable Syslog Service
syslog-conn     601/udp                 # Reliable Syslog Service
syslog-tls      6514/tcp                # Syslog over TLS

送信元マシンの設定

Red Hat Enterprise Linux 6nbsp;Hat Enterprise Linux 6nbsp;LinuxRed Hat Enterprise Linux 6nbsp;6 では、netconsole は、initscripts パッケージに含まれる /etc/sysconfig/netconsole ファイルを使用して設定されます。このパッケージはデフォルトでインストールされ、netconsole サービスも提供します。
送信マシンを設定するには、たとえば、syslogd サーバーの IP アドレスに一致するように、/etc/sysconfig/netconsole ファイルの SYSLOGADDR 変数の値を設定します。
SYSLOGADDR=192.168.0.1
netconsole サービスを再起動して、変更を適用します。次に、chkconfig コマンドを使用して、次回の再起動後に netconsole サービスが自動的に起動するようにします。
]# service netconsole restart
Initializing netconsole                                    [  OK  ]	
]# chkconfig netconsole on
デフォルトでは、rsyslogd サーバーは、/var/log/messages のクライアントからの netconsole メッセージ、または rsyslog.conf で指定されたファイルに書き込みます。
注記
rsyslogdnetconsole が別のポートを使用するように設定するには、/etc/rsyslog.conf の以下の行を必要なポート番号に変更します。
$UDPServerRun <PORT>
送信元マシンで、/etc/sysconfig/netconsole ファイルの以下の行をアンコメントして編集します。
SYSLOGPORT=514
netconsole 設定の詳細およびトラブルシューティングのヒントについては、Netconsole カーネルのドキュメント を参照してください。