11.2.24. ローカルシステムユーザーの作成

ユーザーがログインするのを待って追加するよりも、ユーザーを SSSD データベースにシードする方が便利な場合があります。

注記

ユーザーアカウントを手動で追加するには、sssd-tools パッケージをインストールする必要があります。
新規システムユーザーを作成する場合、SSSD ローカル ID プロバイダードメイン内にユーザーを作成することができます。これは、新規システムユーザーの作成や SSSD 設定のトラブルシューティング、特定もしくはネスト化されたグループの作成に便利です。
新規ユーザーは、sss_useradd コマンドを使って追加できます。
最も基本的なのは sss_useradd コマンドで、これは新規ユーザー名のみを必要とします。
[root@server ~]# sss_useradd jsmith
他のオプション (sss_useradd(8) man ページに一覧表示) は、ユーザーが所属する UID や GID、ホームディレクトリー、グループなどのアカウントの属性の設定に使用できます。
[root@server ~]# sss_useradd --UID 501 --home /home/jsmith --groups admin,dev-group jsmith