Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.2.3. vsftpd によるファイルのインストール

vsftpd RPM により、デーモン (/usr/sbin/vsftpd)、その設定および関連ファイルと FTP ディレクトリがシステム上にインストールされます。vsftpd の設定に関連したファイルとディレクトリの一覧は以下の通りです。
  • /etc/rc.d/init.d/vsftpdvsftpd を起動/停止、あるいはリロードさせるのに /sbin/service コマンドによって使用される 初期化スクリプト (initscript)。このスクリプトの使用については、「vsftpd の起動と停止」 をご参照ください。
  • /etc/pam.d/vsftpdvsftpd 用の Pluggable Authentication Modules (PAM) の設定ファイル。このファイルは、ユーザーが FTP サーバーにログインする際に満たす必要のある要件を指定します。PAM についての更なる情報は、Red Hat Enterprise Linux 6 『Managing Single Sign-On and Smart Cards(シングルサインオンとスマートカードの管理)』 ガイドにある 『Using Pluggable Authentication Modules (PAM の使用)』 の章をご覧下さい。
  • /etc/vsftpd/vsftpd.confvsftpd の設定ファイル。このファイルに含まれている重要なオプションの一覧は、「vsftpd 設定オプション」 をご参照ください。
  • /etc/vsftpd.ftpusersvsftpd へのログインを許可されていないユーザーの一覧。このリストにはデフォルトで rootbin、および daemon ユーザー、その他が含まれます。
  • /etc/vsftpd/user_list — このファイルは、/etc/vsftpd/vsftpd.conf 内で userlist_deny ディレクティブが YES (デフォルト) または NO に設定されているかによって、リストされているユーザーへのアクセスを否認または承認するように設定することが可能です。/etc/vsftpd/user_list をユーザーのアクセス権付与に使用する場合、そこにリストするユーザー名は /etc/vsftpd/ftpusers には リストしてはいけません
  • /var/ftp/ — このディレクトリには、vsftpd によって提供されるファイルが格納されます。また、匿名ユーザー用の /var/ftp/pub/ ディレクトリも格納されます。両方のディレクトリは、全ユーザーが読み取り可能ですが、書き込みは root ユーザーに限定されています。