Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

2.2.2. ネットワーク時刻プロトコルの設定

前述した手動設定とは対照的に、ネットワーク時刻プロトコル (NTP) でリモートサーバーとシステムクロックを同期することもできます。1 回だけの同期の場合は、ntpdate コマンドを使用します。
  1. 最初に、選択した NTP サーバーがアクセス可能か確認します:
    ~]# ntpdate -q server_address
    例:
    ~]# ntpdate -q 0.rhel.pool.ntp.org
  2. 適切なサーバーが見つかったら、サーバーアドレスを 1 つ以上 ntpdate コマンドの後に付けて実行します:
    ~]# ntpdate server_address...
    例えば以下のようにします:
    ~]# ntpdate 0.rhel.pool.ntp.org 1.rhel.pool.ntp.org
    エラーメッセージが表示されない限り、システムの時刻は設定されているはずです。「日付と時刻の設定」 のように追加の引数を付けずに date と入力すると、現在の設定を確認できます。
  3. ほとんどの場合、上記のステップで十分です。常に正確な時刻を使用するシステムサービスが 1 つ以上必要な場合にのみ、ブート時の ntpdate の実行を有効にします:
    ~]# chkconfig ntpdate on
    システムサービスとその設定の詳細については、10章サービスとデーモン を参照して下さい。

    注記

    /var/log/boot.log システムログに関連するエラーメッセージが出るなど、ブート時にタイムサーバーとの同期が失敗し続ける場合は、次の行を /etc/sysconfig/network に追加してみて下さい:
    NETWORKWAIT=1
ただし、ブート時に時刻を自動的に同期するためのより便利な方法は ntpd デーモンを設定することです。
  1. vinano などのテキストエディターで NTP 設定ファイル /etc/ntp.conf を開きます。該当ファイルがない場合は、新しく作成して下さい:
    ~]# nano /etc/ntp.conf
  2. 次に、パブリック NTP サーバーの一覧を追加/編集します。Red Hat Enterprise Linux 6 を使用している場合は、次の行がファイルにすでに含まれているはずですが、ニーズに合うように自由に追加/変更して下さい:
    server 0.rhel.pool.ntp.org
    server 1.rhel.pool.ntp.org
    server 2.rhel.pool.ntp.org

    注記

    初期同期を迅速にするには、サーバーの各行の最後に iburst 指示文を追加します:
    server 0.rhel.pool.ntp.org iburst
    server 1.rhel.pool.ntp.org iburst
    server 2.rhel.pool.ntp.org iburst
  3. サーバーの一覧での作業が完了したら、同じファイルで適切なパーミッションを設定し、ローカルホストのみに無制限アクセスを付与します:
    restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery
    restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery
    restrict 127.0.0.1
    restrict -6 ::1
  4. すべての変更を保存し、エディターを終了してから NTP デーモンを再起動します:
    ~]# service ntpd restart
  5. ntpd デーモンがブート時に開始していることを確認して下さい:
    ~]# chkconfig ntpd on