Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2.2. ネットワーク時刻プロトコルの設定

前述した手動設定とは対照的に、ネットワーク時刻プロトコル (NTP) でリモートサーバーとシステムクロックを同期することもできます。1 回限りの同期のみの場合は、ntpdate コマンドを使用します。
  1. 最初に、選択した NTP サーバーがアクセス可能か確認します:
    ~]# ntpdate -q server_address
    以下に例を示します。
    ~]# ntpdate -q 0.rhel.pool.ntp.org
  2. satisfactory サーバーを見つけたら、ntpdate コマンドの後に 1 つ以上のサーバーアドレスを指定して実行します。
    ~]# ntpdate server_address...
    たとえば、以下のようになります。
    ~]# ntpdate 0.rhel.pool.ntp.org 1.rhel.pool.ntp.org
    エラーメッセージが表示されない限り、システムの時刻は設定されているはずです。現在確認するには、「日付と時刻の設定」 に記載されているように、追加の引数を指定せずに date を入力します。
  3. ほとんどの場合、上記のステップで十分です。常に適切な時間を使用するためにシステムサービスが 1 つ以上必要な場合に限り、システムの起動時に ntpdate を実行できます。
    ~]# chkconfig ntpdate on
    システムサービスとその設定の詳細については、12章サービスおよびデーモン を参照して下さい。
    注記
    システムの起動時にタイムサーバーとの同期に失敗し続ける場合( /var/log/boot.log システムログに関連するエラーメッセージ)は、以下の行を /etc/sysconfig/network に追加します。
    NETWORKWAIT=1
ただし、ntpd デーモンを、システムの起動時に時刻を自動的に同期するように設定すると便利な方法です。
  1. vinano などのテキストエディターで NTP 設定ファイル /etc/ntp.conf を開くか、存在しない場合は新規のファイルを作成します。
    ~]# nano /etc/ntp.conf
  2. 次に、パブリック NTP サーバーの一覧を追加/編集します。Red Hat Enterprise Linux 6nbsp;Hat Enterprise Linux 6nbsp;LinuxRed Hat Enterprise Linux 6nbsp;6 を使用している場合、このファイルには以下の行がすでに含まれているはずですが、必要に応じてそれらを自由に変更または拡張してください。
    server 0.rhel.pool.ntp.org iburst
    server 1.rhel.pool.ntp.org iburst
    server 2.rhel.pool.ntp.org iburst
    server 3.rhel.pool.ntp.org iburst
    
    各行の最後にある iburst ディレクティブは、初期同期を迅速化します。Red Hat Enterprise Linux 6.5 では、デフォルトで追加されます。以前のマイナーリリースからアップグレードし、/etc/ntp.conf ファイルを変更した場合には、Red Hat Enterprise Linux 6.5 へのアップグレードで新しいファイル /etc/ntp.conf.rpmnew が作成され、既存の /etc/ntp.conf ファイルは変更されません。
  3. サーバーの一覧での作業が完了したら、同じファイルで適切なパーミッションを設定し、ローカルホストのみに無制限アクセスを付与します:
    restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery
    restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery
    restrict 127.0.0.1
    restrict -6 ::1
  4. すべての変更を保存してエディターを終了し、NTP デーモンを再起動します。
    ~]# service ntpd restart
  5. ntpd が起動時に起動されていることを確認します。
    ~]# chkconfig ntpd on