Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.5.2. ネットワーク/マスクのディレクティブ形式

ネットワーク/ネットマスクディレクティブの形式を route-interface ファイルに使用することも可能です。以下は、ネットワーク/ネットマスク形式のテンプレートで、後に説明が続きます。
ADDRESS0=10.10.10.0
NETMASK0=255.255.255.0
GATEWAY0=192.168.1.1
  • ADDRESS0=10.10.10.0 は、到達するリモートネットワークまたはホストのネットワークアドレスです。
  • NETMASK0=255.255.255.0 は、ADDRESS0=10.10.10.0 で定義されているネットワークアドレスのネットマスクです。
  • GATEWAY0=192.168.1.1 は、ADDRESS0=10.10.10.0 への到達に使用可能なデフォルトゲートウェイまたは IP アドレスです。
以下は、ネットワーク/ネットマスクディレクティブの形式を使用した route-interface ファイルの例です。デフォルトゲートウェイは 192.168.0.1 ですが、専用回線または WAN 接続が 192.168.0.10 で利用可能です。2 つの静的ルートは、10.10.10.0/24 および 172.16.1.0/24 のネットワークに到達するためのものです。
ADDRESS0=10.10.10.0
NETMASK0=255.255.255.0
GATEWAY0=192.168.0.10
ADDRESS1=172.16.1.10
NETMASK1=255.255.255.0
GATEWAY1=192.168.0.10
後に続く静的ルートは、順番に番号付けされる必要があり、いずれの値もスキップしてはいけません。例: ADDRESS0ADDRESS1ADDRESS2 など。