Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

C.3.3.2. InputDevice セクション

InputDevice セクションは、X サーバーの 1 つの入力デバイスを設定します。以前のバージョンでは、システムは通常キーボードに InputDevice セクションが少なくとも 1 つあり、ほとんどのマウス設定は自動的に検出されていました。
Red Hat Enterprise Linux 6nbsp;Hat Enterprise Linux 6nbsp;LinuxRed Hat Enterprise Linux 6nbsp;6 では、ほとんどのセットアップには InputDevice 設定が必要で、xorg-x11-drv-* 入力ドライバーパッケージは HAL を使用して自動設定を提供します。キーボードとマウスの両方のデフォルトのドライバーは evdev です。
以下の例は、キーボードの通常の InputDevice セクションを示しています。
Section "InputDevice"
  Identifier "Keyboard0"
  Driver "kbd"
  Option "XkbModel" "pc105"
  Option "XkbLayout" "us"
EndSection
以下のエントリーは、InputDevice セクションで一般的に使用されます。
  • identifier: この InputDevice セクションの一意の名前を指定します。これは必須エントリーです。
  • driver: デバイスのデバイスドライバー X を読み込む必要がある名前を指定します。AutoAddDevices オプションが有効にされている場合(デフォルト設定)、Driver "mouse" または Driver "kbd" のある入力デバイスセクションは無視されます。これは、従来のマウスドライバーとキーボードドライバーと新しい evdev 汎用ドライバーの競合により必要になります。代わりに、サーバーは入力デバイスにバックエンドからの情報を使用します。xorg.conf のカスタム入力デバイス設定は、バックエンドに移動する必要があります。多くの場合、バックエンドは HAL で、設定場所は /etc/X11/xorg.conf.d ディレクトリーになります。
  • オプション: デバイスに必要なオプションを指定します。
    デバイスの自動検出された値を上書きする場合には、マウスを指定することもできます。通常は、xorg.conf ファイルにマウスを追加する場合には、以下のオプションが含まれます。
    • protocol: IMPS/2 などのマウスで使用されるプロトコルを指定します。
    • device - 物理デバイスの場所を指定します。
    • Emulate3Buttons: 両方のマウスボタンを同時に押す場合に、ボタンを 3 つのマウスのように動作させるかどうかを指定します。
    このセクションの有効なオプションの一覧は、xorg.conf(5) man ページを参照してください。