Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

25.2. モジュール情報の表示

modinfo <module_name> コマンドを実行すると、カーネルモジュールに関する詳しい情報を表示できます。

注記

module-init-tools ユーティリティの 1 つに引数としてカーネルモジュールの名前を入力する場合、拡張子である .ko を名前の最後に付けないで下さい。カーネルモジュールの名前に拡張子は付きませんが、それらの対応するファイルには付いています。
例として、Intel PRO/1000 ネットワークドライバーである e1000e モジュールに関する情報を表示するには、以下を実行します:

例25.1 lsmod を使用したカーネルモジュール情報の一覧表示

~]# modinfo e1000e
filename:       /lib/modules/2.6.32-71.el6.x86_64/kernel/drivers/net/e1000e/e1000e.ko
version:        1.2.7-k2
license:        GPL
description:    Intel(R) PRO/1000 Network Driver
author:         Intel Corporation, <linux.nics@intel.com>
srcversion:     93CB73D3995B501872B2982
alias:          pci:v00008086d00001503sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d00001502sv*sd*bc*sc*i*
[alias の数行は省略]
alias:          pci:v00008086d0000105Esv*sd*bc*sc*i*
depends:
vermagic:       2.6.32-71.el6.x86_64 SMP mod_unload modversions
parm:           copybreak:Maximum size of packet that is copied to a new buffer on receive (uint)
parm:           TxIntDelay:Transmit Interrupt Delay (array of int)
parm:           TxAbsIntDelay:Transmit Absolute Interrupt Delay (array of int)
parm:           RxIntDelay:Receive Interrupt Delay (array of int)
parm:           RxAbsIntDelay:Receive Absolute Interrupt Delay (array of int)
parm:           InterruptThrottleRate:Interrupt Throttling Rate (array of int)
parm:           IntMode:Interrupt Mode (array of int)
parm:           SmartPowerDownEnable:Enable PHY smart power down (array of int)
parm:           KumeranLockLoss:Enable Kumeran lock loss workaround (array of int)
parm:           WriteProtectNVM:Write-protect NVM [WARNING: disabling this can lead to corrupted NVM] (array of int)
parm:           CrcStripping:Enable CRC Stripping, disable if your BMC needs the CRC (array of int)
parm:           EEE:Enable/disable on parts that support the feature (array of int)
以下は、modinfo 出力にある一部のフィールドの説明です。
filename
.ko カーネルオブジェクトファイルへの絶対パスです。modinfo -nfilename フィールドのみを表示するショートカットコマンドとして使用できます。
description
モジュールに関する簡単な説明です。modinfo -d は、詳細フィールドのみを表示するショートカットコマンドとして使用できます。
alias
alias フィールドは、モジュールにエイリアスがある回数だけ表示されます。ない場合は、完全に省略されます。
depends
このフィールドには、このモジュールが依存するすべてのモジュールのカンマで区切られた一覧が含まれます。

注記

モジュールに依存関係がない場合は、出力から depends フィールドは省略される場合があります。
parm
parm フィールドは、parameter_name:description の形式で 1 つのモジュールパラメーターを表します。
  • parameter_name は、コマンドラインまたは /etc/modprobe.d/ ディレクトリの .conf ファイルのオプション行でモジュールパラメーターとして使用している場合に使用する構文と同一です。
  • description は、パラメーターが使用する括弧内の値の種類 (intunitarray of int など) に対する期待値と併せて、パラメーターが実行する内容の簡単な説明です。
-p オプションを使用すると、モジュールが対応するすべてのパラメーターを一覧表示できます。ただし、値のタイプを含む有用な情報は modinfo -p 出力から省略されるため、以下を実行した方がより役立ちます。

例25.2 モジュールパラメーターの一覧表示

~]# modinfo e1000e | grep "^parm" | sort
parm:           copybreak:Maximum size of packet that is copied to a new buffer on receive (uint)
parm:           CrcStripping:Enable CRC Stripping, disable if your BMC needs the CRC (array of int)
parm:           EEE:Enable/disable on parts that support the feature (array of int)
parm:           InterruptThrottleRate:Interrupt Throttling Rate (array of int)
parm:           IntMode:Interrupt Mode (array of int)
parm:           KumeranLockLoss:Enable Kumeran lock loss workaround (array of int)
parm:           RxAbsIntDelay:Receive Absolute Interrupt Delay (array of int)
parm:           RxIntDelay:Receive Interrupt Delay (array of int)
parm:           SmartPowerDownEnable:Enable PHY smart power down (array of int)
parm:           TxAbsIntDelay:Transmit Absolute Interrupt Delay (array of int)
parm:           TxIntDelay:Transmit Interrupt Delay (array of int)
parm:           WriteProtectNVM:Write-protect NVM [WARNING: disabling this can lead to corrupted NVM] (array of int)