Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.2.2.6.7. ロギングのオプション

以下は、vsftpd のロギング動作に影響するディレクティブの一覧です。
  • dual_log_enable: xferlog_enable と併用すると、vsftpd は 2 つのファイルを同時に書き込みます。wu-ftpd- xferlog_file ディレクティブ(デフォルトでは/var/log/xferlog )で指定された標準の vsftpd ログファイル (デフォルトでは/var/log/vsftpd.log )です。
    デフォルト値は NO です。
  • log_ftp_protocol: xferlog_enable とともに有効にされ、xferlog_std_formatNO に設定されていると、FTP コマンドおよび応答がすべてログに記録されます。このディレクティブはデバッグに役立ちます。
    デフォルト値は NO です。
  • syslog_enable - xferlog_enable と併用すると、通常は vsftpd _log_file ディレクティブ(デフォルトでは/var/log/vsftpd.log )で指定された標準の vsftpd ログファイルに書き込まれるすべてのロギングが FTPD ファシリティー下でシステムロガーに送信されます。
    デフォルト値は NO です。
  • vsftpd_log_file: vsftpd ログファイルを指定します。このファイルを使用するには、xferlog_enable を有効にし、xferlog_std_formatNO に設定するか、xferlog_std_formatYES に設定されている必要があります。syslog_enableYES に設定されている場合には、このディレクティブで指定されたファイルの代わりにシステムログが使用されることに注意してください。
    デフォルト値は /var/log/vsftpd.log です。
  • xferlog_enable: 有効にすると、vsftpd は接続(vsftpd 形式のみ)およびファイル転送情報を vsftpd_log_file ディレクティブ(デフォルトでは/var/log/vsftpd.log )に指定したログファイルに記録します。xferlog_std_formatYES に設定されている場合、ファイル転送情報はログに記録されますが、接続はログに記録されず、代わりに xferlog_file (デフォルトでは/var/log/xferlog )で指定されたログファイルが使用されます。dual_log_enableYES に設定されている場合、ログファイルとログ形式の両方が使用されることに注意してください。
    デフォルト値は NO です。Red Hat Enterprise Linux 6nbsp;Hat Enterprise Linux 6nbsp;LinuxRed Hat Enterprise Linux 6nbsp;6 では、このオプションは設定ファイルで YES に設定されます。
  • xferlog_file - wu-ftpd- 互換のログファイルを指定します。このファイルを使用するには、xferlog_enable を有効にし、xferlog_std_formatYES に設定する必要があります。dual_log_enableYES に設定されている場合にも使用されます。
    デフォルト値は /var/log/xferlog です。
  • xferlog_std_format: xferlog_enable と併用すると、wu-ftpd- 互換の file-transfer ログのみが、xferlog_file ディレクティブ(デフォルトでは/var/log/xferlog )に指定されたファイルに書き込まれます。このファイルではファイル転送のみが記録され、サーバーへの接続はログに記録されないことに注意してください。
    デフォルト値は NO です。Red Hat Enterprise Linux 6nbsp;Hat Enterprise Linux 6nbsp;LinuxRed Hat Enterprise Linux 6nbsp;6 では、このオプションは設定ファイルで YES に設定されます。
古いログファイル形式との互換性の維持
古い wu-ftpd FTP サーバーに書き込まれたログファイルとの互換性を維持するために、Red Hat Enterprise Linux 6nbsp;Hat Enterprise Linux 6nbsp;Linux 6nbsp;6 では xferlog_std_format ディレクティブが YES に設定されます。ただし、この設定は、サーバーへの接続がログに記録されないことを意味します。vsftpd 形式の両方のログ接続と wu-ftpd- 互換のファイル転送ログを維持するには、nmy _log_enableYES に設定します。wu-ftpd- 互換のファイル転送ログを維持することが重要でない場合は、xferlog_std_formatNO に設定し、ハッシュ記号(「#」)で行をコメント化するか、行を完全に削除します。