B.2.3. 設定ファイルの変更

RPM は設定ファイルを使用してパッケージのインテリジェントなアップグレードを実行するため、以下のいずれかのメッセージが表示される場合があります。
saving /etc/foo.conf as /etc/foo.conf.rpmsave
このメッセージは、設定ファイルに加えた変更内容が、パッケージ内の新しい設定ファイルと 上位互換性 を持たない可能性があるため、RPM が元のファイルを保存してから新しいファイルをインストールしたことを意味しています。できる限り早期にこの 2つのファイルの違いを調査、解決することで、引き続きシステムが正しく動作することを確認する必要があります。
別の方法として、RPM はパッケージの 新しい 設定ファイルを、例えば foo.conf.rpmnew として保存し、修正した設定ファイルをそのままにしておくこともできます。なお、通常古い設定ファイルから新しい設定ファイルへの変更と diff プログラムと組み合わせることによって、修正した設定ファイルと新しい設定ファイルとの競合を解決する必要があります。
古い バージョン番号が付いたパッケージでアップグレードしている場合(即ち、パッケージのより新しいバージョンが既にインストールされている場合)は、以下のような出力が表示されます。
package foo-2.0-1.el6.x86_64.rpm (which is newer than foo-1.0-1) is already installed
それでも強制的に RPM にアップグレードさせるには、--oldpackage オプションを使用します。
rpm -Uvh --oldpackage foo-1.0-1.el6.x86_64.rpm