Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

9.2.8. エイリアスファイルとクローンファイル

使用頻度が低い 2 種類のインターフェース設定ファイルは、エイリアス ファイルと クローン ファイルです。iproute パッケージの ip コマンドが今では同一への複数アドレス割り当てに対応するので、この方法で複数アドレスを同一インターフェースにバインディングする必要はもうありません。

注記

本書執筆の時点では、 NetworkManager は、ifcfg ファイルの IP アドレスを検出しません。例えば、ifcfg-eth0 および ifcfg-eth0:1 ファイルがある場合に、NetworkManager が 2 つの接続を作成すると、混乱を引き起こすことになります。
新規インストールでは、ユーザーは NetworkManager の IPv4 または IPv6 タブ上で 手動 を選択し、同一インターフェースに複数の IP アドレスを割り当てることをお勧めします。このツールの使用に関する詳細は 8章NetworkManager を参照してください。
複数のアドレスを単一のインターフェースにバインドするために使用するエイリアスインターフェース設定ファイルは、ifcfg-if-name:alias-value 命名スキームを使用します。
例えば、ifcfg-eth0:0 ファイルは DEVICE=eth0:0 及び 10.0.0.2 の静的 IP アドレスを指定するように設定でき、DHCP を介して ifcfg-eth0 の IP 情報を受信するように既に設定されたイーサネットインターフェースのエイリアスとして機能します。こうした設定の下で、eth0 は動的 IP アドレスにバインドされますが、同一の物理ネットワークカードで、固定された 10.0.0.2 IP アドレスを介して要求を受信することができます。

警告

エイリアスインターフェースは DHCP に対応していません。
クローンインターフェース設定ファイルは、命名慣習に従って ifcfg-if-name-clone-name を使用します。エイリアスファイルは既存のインターフェースに複数のアドレスを使用できるようにするのに対し、クローンファイルはインターフェースの追加オプションを指定するのに使用されます。例えば、eth0 という名前の標準 DHCP イーサネットインターフェースでは、以下のようになります。
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
USERCTL 指示文のデフォルト値は no であるため、これが指定されていなければ、ユーザーはこのインターフェースをアクティベート、非アクティベートすることはできません。ユーザーがインターフェースを制御できるようにするには、ifcfg-eth0ifcfg-eth0-user にコピーしてクローンを作成し、ifcfg-eth0-user に以下の行を追加します:
USERCTL=yes
この方法では、ifcfg-eth0ifcfg-eth0-user の設定オプションが統合されるため、ユーザーは /sbin/ifup eth0-user コマンドを使用して、eth0 インターフェースをアクティベートすることができます。これは基本的な例ですが、この方法は様々なオプションやインターフェースで使用できます。
グラフィカルツールを使ってエイリアスやクローンインターフェース設定ファイルを作成することは、できなくなりました。しかし、本セクションの最初で説明したように、同一インターフェースに複数の IP アドレスを直接割り当てることが化膿になったので、この方法はもう必要ありません。新規インストールでは、ユーザーは NetworkManager の IPv4 または IPv6 タブ上で 手動 を選択し、同一インターフェースに複数の IP アドレスを割り当てることをお勧めします。このツールの使用に関する詳細は 8章NetworkManager を参照してください。