Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.2.8. エイリアスとクローンファイル

あまり使用されない 2 つのタイプのインターフェース設定ファイルは、エイリアスクローン ファイルです。ip ユーティリティーが同じインターフェースに複数のアドレスの割り当てに対応するようになったため、複数のアドレスを同じインターフェースにバインドする方法を使用する必要がなくなりました。ip コマンドによるアドレスの割り当ては、複数のアドレス割り当てのために繰り返すことができます。以下に例を示します。
~]# ip address add 192.168.2.223/24 dev eth1
~]# ip address add 192.168.4.223/24 dev eth1
~]# ip addr
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 52:54:00:fb:77:9e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.2.223/24 scope global eth1
    inet 192.168.4.223/24 scope global eth1
ip ユーティリティーのコマンドは、アップストリームのパッケージ名の後に iproute2 と呼ばれる場合があり、man ip(8) ページに記載されています。Red Hat Enterprise Linux 6 のパッケージ名は iproute です。
注記
Red Hat Enterprise Linux 6 では、NetworkManagerifcfg エイリアスファイルを読み込み、エイリアス名をアドレスラベルとして使用し、そのアドレスをマスターインターフェースに割り当てます。たとえば、ifcfg-eth0 ファイルおよび ifcfg-eth0:1 ファイルが存在する場合、NetworkManager はエイリアスファイルの DEVICE 行を読み取り、これをアドレスラベルとして保存します。エイリアスではなくセカンダリーアドレスの使用が推奨されます。
新規インストールでは、NetworkManagerIPv4 または IPv6 タブで Manual メソッドを選択し、同じインターフェースに複数の IP アドレスを割り当てる必要があります。このツールの使用方法は、10章NetworkManager を参照してください。
複数のアドレスを単一のインターフェースにバインドするために使用されるエイリアスインターフェース設定ファイル。ifcfg-if-name:alias-value 命名スキームを使用します。
たとえば、ifcfg-eth0:0 ファイルは、DEVICE=eth 0:0 と 10.0.0.2 の静的 IP アドレスを指定するように設定できます。これは、ifcfg-eth0DHCP 経由でその IP 情報を受け取るように設定されているイーサネットインターフェースのエイリアスとして機能します。この設定では、eth0 は動的 IP アドレスにバインドされますが、同じ物理ネットワークカードは、固定の 10.0.0 .2 IP アドレスを使用して要求を受け取ることができます。
警告
エイリアスインターフェースは DHCP をサポートしません。
クローンインターフェース設定ファイルは、ifcfg-if-name-clone-name の命名規則を使用する必要があります。エイリアスファイルは既存のインターフェースの複数のアドレスを許可しますが、クローンファイルを使用してインターフェースの追加オプションを指定します。たとえば、eth0 と呼ばれる標準の DHCP イーサネットインターフェースは、以下のようになります。
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
USERCTL ディレクティブのデフォルト値は指定されない場合は指定されないため、ユーザーはこのインターフェースを稼働させたり、ダウンしたりできません。ユーザーがインターフェースを制御できるようにするには、ifcfg-eth0 を ifcfg-eth0 -user にコピーし、ifcfg-eth0-user に次の行を追加します。
USERCTL=yes
これにより、ifcfg-eth0 と ifcfg- eth0 -user の設定オプションが組み合わされているため、/sbin/ifup eth0-user コマンドを使用して eth0 インターフェースを起動することができます。これは非常に基本的な例ですが、この方法はさまざまなオプションやインターフェースで使用できます。
グラフィカルツールを使用して、エイリアスとクローンインターフェース設定ファイルを作成することはできなくなりました。ただし、本セクションの最初で説明しているように、複数の IP アドレスを同じインターフェースに直接割り当てることができるため、この方法を使用する必要がなくなりました。新規インストールでは、NetworkManagerIPv4 または IPv6 タブで Manual メソッドを選択し、同じインターフェースに複数の IP アドレスを割り当てる必要があります。このツールの使用方法は、10章NetworkManager を参照してください。